キミ・ライコネン、ギアボックス交換で5グリッド降格 / F1イタリアGP
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、F1イタリアGPの予選Q3でのクラッシュによってギアボックス交換を余儀なくされ、5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

キミ・ライコネンは、Q3の最初の走行でパラボリカでスピンを喫し、マシン後方からタイヤバリアにクラッシュした。セッションは赤旗中断となり、終盤のスリップストリームを巡って駆け引きとなった“時間切れ予選”の引き金となった。

このクラッシュによって、キミ・ライコネンのマシン後部は損傷し、ギアボックス交換を余儀なくされた。10番グリッドからスタートできたライコネンだが、6連連続使用の条件を満たしていないため5グリッド降格ペナルティを科せられ、暫定15番グリッドからスタートすることになった。

「ミスの代償を払うことになってしまった。クルマの挙動はかなり良かったのでちょっと残念だ」とキミ・ライコネンはコメント。

「でも、天候が助けになるかもしれないし、複雑なコンディションになれば、良い結果を出せるかもしれない。レースで順位を上げるためにベストを尽くす」

関連:F1イタリアGP 予選 | トウを巡る駆け引きのなかルクレールがPP獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1イタリアGP / アルファロメオ・レーシング