F1 キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、息子のロビン君がレースに興味を示していると語る。

キミ・ライコネンは、今年の夏にロビン君をカートに乗せるつもりだと語る。

「彼はレースに興味を持っているみたいだけど、エンジンの方が好きそうだね」とキミ・ライコネンは Motorsport-Total にコメント。

「そのままでいるかどうか見てみるつもりだ。今年の夏にカートに乗せてみて、それが影響を与えるか見てみるつもりだ。子供がどうなるかはわからない。レースを望むときもあれば、他のことをしたがることもあるだろう。彼がどんな選択をしても完全にサポートするつもりだ。ダンサーになることを決断したとしても気にしない。何にも興味を持たずに未来がないよりもいいからね」

キミ・ライコネンにようと、ロビン君はすでに英語を上手に習得しているといい、有名なレーシングドライバーの息子としての生活に適応していると語る。

「彼はフィンランド語よりも英語の方がうまい。英語の幼稚園に通っているからだろうね。スイスに長く住んでいれば、ドイツ語も加わるかもしれない。その点で、子供は大人よりも簡単に学んでしまうからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン