F1 キミ・ライコネン アルファロメオ・レーシング
キミ・ライコネンは、F1バルセロナテスト初日の走行序盤に新車『C38』でいきなりコースアウトを喫した。

アルファロメオ・レーシングは、F1バルセロナテスト初日の朝に新車発表会を開催。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィが新車のアンベールを行い、これまでのザウバーのマシン名を引き継いで『C38』とすることを発表した。

現地時間9時からテストセッションはスタート。まずはバルテリ・ボッタスがメルセデスの新車『W10』で最初のタイムとなる1分28秒515を記録する。

各マシンが続々とコースインするなか、開始8分を過ぎた時点でキミ・ライコネンがターン5でスピンを喫してコースアウト。グラベルにはまり、2019年最初の赤旗が提示された。マシンは大きなダメージは負っておらず、ガレージに戻された後、キミ・ライコネンは再びコースインしている。

キミ・ライコネンは、最終的に114周を走行してトップから1.301秒差となる1分19秒462を記録。革新的なフロントウイングが搭載されたC38でパフォーマンスを発揮した。


2019年 F1 バルセロナテスト 1日目 結果
PosドライバーチームマシンタイムGAP周回
1セバチャン・ベッテルフェラーリSF901分18秒161  169
2カルロス・サインツマクラーレンMCL341分18秒558 0.397119
3ロマン・グロージャンハースVF-191分19秒159 0.99865
4マックス・フェルスタッペンレッドブルRB151分19秒426 1.265128
5キミ・ライコネンアルファロメオC381分19秒462 1.301114
6ダニール・クビアトトロロッソSTR141分19秒464 1.30377
7セルジオ・ペレスレーシングポイントRP191分19秒944 1.78330
8バルテリ・ボッタスメルセデスW101分20秒127 1.96669
9ルイス・ハミルトンメルセデスW101分20秒135 1.97481
10ニコ・ヒュルケンベルグルノーR.S.191分20秒980 2.81965
11ダニエル・リカルドルノーR.S.191分20秒983 2.82244
C1 / C2 / C3 / C4 / C5

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、内部的に最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、その中から3つのコンパウンドを各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。 公式テストではレースとは異なり、5種類すべてのコンパウンドが使用するため、F1マシンがどのタイヤを装着しているかを識別しやくすくするため、ピレリは最も硬いC1と最も柔らかいC5にサイドウォールにストライプをつけないカラーリングを採用ししている。

関連:F1バルセロナテスト 1日目 結果 | セバスチャン・ベッテルがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン | F1動画 | アルファロメオ・レーシング