F1 キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、F1バルセロナテスト初日の走行序盤に新車『C38』でいきなりコースアウトを喫した。

アルファロメオ・レーシングは、F1バルセロナテスト初日の朝に新車発表会を開催。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィが新車のアンベールを行い、これまでのザウバーのマシン名を引き継いで『C38』とすることを発表した。

現地時間9時からテストセッションはスタート。まずはバルテリ・ボッタスがメルセデスの新車『W10』で最初のタイムとなる1分28秒515を記録する。

各マシンが続々とコースインするなか、開始8分を過ぎた時点でキミ・ライコネンがターン5でコースアウト。グラベルにはまり、2019年最初の赤旗が提示された。マシンは大きなダメージは負っておらず、ガレージに戻された後、キミ・ライコネンは再びコースインしている。

1時間が経過した時点でタイムシートのトップに立っているのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。次いでキミ・ライコネンが2番手タイムを記録している。

レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが走行を担当。1周のインスタレーションラップを終えたのみで、まだタイムは記録していない。

F1 バルセロナテスト 1日目(1時間経過時点)
Posドライバーチームマシンタイム周回
1セバチャン・ベッテルフェラーリSF901分20秒92015
2キミ・ライコネンアルファロメオC381分20秒94510
3カルロス・サインツマクラーレンMCL341分22秒34810
4ニコ・ヒュルケンベルグルノーR.S.191分24秒3659
5バルテリ・ボッタスメルセデスW101分24秒38113
6ダニール・クビアトトロロッソSTR14no time 7
7ロマン・グロージャンハースVF-19no time3
8セルジオ・ペレスレーシングポイントRP19no time3
9マックス・フェルスタッペンレッドブルRB15no time1


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: キミ・ライコネン | アルファロメオ・レーシング