レーシング・ポイントF1チームもセバスチャン・ベッテルの起用に「ノー」
レッドブル・ホンダF1に続き、レーシング・ポイントF1チームも2021年のセバスチャン・ベッテルの起用に「ノー」と語った。

一部報道では、今季マシンで大幅なパフォーマンスアップを果たし、2021年からアストンマーティンF1にリブランディングするチームが、フェラーリF1からの離脱が決定しているセバスチャン・ベッテルの獲得に動くと報じている。

しかし、レーシング・ポイントF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、セルジオ・ペレスもしくはランス・ストロールに代わってセバスチャン・ベッテルが加入する可能性を否定した。

「以前にも言ったように皆さんが4回のワールドチャンピオンが我々のチームに来るべきだと考えてくれることは光栄に思う。おそらくそれは今のマシンが少し速くなったからだろう」とオトマー・サフナウアーは語った。

「我々は両方のドライバーと長い契約を結んでいるので、スペースがないと言うのは論理的だと思う

セルジオ・ペレスは2022年末まで契約を結んでいることが公表されているが、ランス・ストロールも長期契約を結んでいるようだ。もちろん、チームを所有している父親のローレンス・ストロールとの強いつながりは言うまでもない。

「人々に『セバスチャン・ベッテルはあなたのチームへの加入を検討しているか?」と言われ続けているのは嬉しいことだ。3~4年前ならば話題にもならなかっただろう」

実際にセバスチャン・ベッテルと交渉しているのかと質問されたオトマー・ザフナウアーは「何もない。我々には2人のドライバーがいる。人々は『ここに急上昇しているチームがあり、セバスチャン・ベッテルにはシートがない』ので見聞きしたことを考え合わせて推測しているんだと思う」

「我々のドライバーには契約がある。セルジオは昨年に3年契約で発表しており、ランスも長期契約を結んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レーシングポイント / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン