F1カタールGPの2021年10月のF1情報を一覧表示します。

F1カタールGP、ドライバーの“言論の自由”を保証

2021年10月29日
F1カタールGP、ドライバーの“言論の自由”を保証
F1ドライバーは、来月カタールに到着したときに「自由に発言」することが保証されている。

ルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルなどのドライバーは、現代のさまざまな政治的および社会的問題について公然と発言しているが、カタールでの人権侵害の批判は容認されないのではないかという懸念があった。

F1カタールGP、11月の初開催にむけてピットエントリーを大幅に改修

2021年10月18日
F1カタールGP、11月の初開催にむけてピットエントリーを大幅に改修
F1レースディレクターのマイケル・マシは、11月のF1カタールGPの初開催に向けてロサイル・インターナショナル・サーキットのアップデート作業がほぼ完了したと述べた。

マイケル・マシは、F1ハンガリーGPの直後にF1スポーティングディレクターのスティーブ・ニールセンとともにロサイル・インターナショナル・サーキットを訪れたが、当時はまだレースを開催するための交渉は進行中だった。

F1 「カタールGPをスポーツウォッシングには利用させない」

2021年10月3日
F1 「カタールGPをスポーツウォッシングには利用させない」
F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリが、F1カタールGPが“スポーツウォッシング”に利用されることについてドライバーたちに話すよう促したアムネスティ・インターナショナルからの嘆願に応えた。

F1は、11月21日に第20戦としてF1カタールGPを初開催することを発表。シーズン最後の3レースはすべて中東で行われることになった。同じく初開催のサウジアラビアGP、そして、最終戦アブダビGPとともに最後の3レースはすべて中東で行われることが決定した。

F1カタールGPの開催を人権団体が問題視

2021年10月1日
F1カタールGPの開催を人権団体が問題視
F1カタールGPの開催を人権団体アムネスティ・インターナショナルが問題視している。

今年、F1カタールGPは、オーストラリアGPの代替会場としてカレンダー入り。予想されていたことの契約は、深刻な新型コロナウイルス関連の政治危機にあるオーストラリアにとって長期的な打撃となる可能性がある。

F1カタールGP主催者 「カタールはF1にとって素晴らしい目的地」

2021年10月1日
F1カタールGP主催者 「カタールはF1にとって素晴らしい目的地」
F1カタールGPを主催するカタール モーター&モーターサイクル連盟(QMMF)は、F1にとってカタールは素晴らしい目的地になると語る。

9月30日(木)、F1は2021年F1世界選手権で未定となっていた第20戦について、ロサイル・インターナショナル・サーキットでF1カタールGPを初開催することを発表。同時に、2023年から10年間の長期契約を結んだことを発表した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム