ピレリF1、ウィリアムズの18インチテスト不参加の影響を軽視
ウィリアムズF1は、2022年の18インチタイヤをテストしなかった唯一のチームだが、ピレリF1はこれが必ずしも彼らを不利にするだろうとは感じていなん。

2022年に登場する新世代F1マシンの一部として、ピレリは現在の13インチタイヤを18インチタイヤに置き換える。これに備えて、ウィリアムズF1を除たチームは、18インチ用に改良したマシンで今シーズンを通してテストを行った。

ウィリアムズF1は、18インチのラバーに対して何のアクションも起こしていないが、ピレリF1の責任者を務めるマリオ・イゾラは、ウィリアムズF1と共有できるデータの量が多いため、これが悪影響を及ぼさないことを望んでいる。

「タイヤ開発セッション中にテストしたチームだけでなく、すべてのチームにデータを提供するよう努めている」とマリオ・イゾラは GP FansGlobal に語った。

「テスト後のデータだけでなく、走行計画、ラップタイム、セクタータイムも共有できる非常に堅牢なシステムができた。我々にはがすべてのチームと共有する多くの情報がある」

「しかし、明らかに、ドライバーのフィーリングというものがあるし、それは重要だと思う。だから、私はウィリアムズがアブダビのためにミュールカーを準備できることを望んでいた」

「過去に彼らとチャットしたことがあり、彼らはそうするつもりだと言ったので、メディアセッションでそういった。おそらく、彼らはそれが彼らにとって不可能であるという結論に達したのだろう」

「我々はミュールカーについて話しており、来年のマシンではない車について話しているので、おそらく代表的ではないが、それでもチームにとって良い情報だ。それがウィリアムズにとって不利ではないことを願っている」

最終的には、ウィリアムズは、来季のプレシーズンで2022年タイヤを初めて味わうことになり、それを賢くプレイしたことがうまくいくかもしれない。そのテストは、重要なことに、ミュールカーではなく実際の2022年マシンで実施される。

「彼らは、アブダビと比較しておそらくより関連性の高い実際の2022年マシンで、プレシーズンテストでタイヤの最終バージョンをテストする機会がある」とマリオ・イゾラは確認した。

「我々は常に特定のチームに情報を機密にしておらず、チームにとって役立つ可能性のあるデータや情報を共有することができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ / ウィリアムズ