F1 ピレリ
ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イゾラは、たとえ2018年のF1タイヤに戻したとしても、今年のトレッドの薄い仕様に苦労しているF1チームの役には立たないと語る。

今年のタイヤは最適な作動温度領域に入れることに苦労しているチームが多いが、メルセデスだけがうまく使いこなして梨、フェラーリ、ハース、レッドブルといったチームがタイヤ仕様の変更を求めている。

しかし、マリオ・イゾラは、特定のチームの問題はタイヤだけが問題ではないと語る。

「タイヤは新しいが、クルマも新しい」とマリオ・イゾラは Autosport にコメント。

「新しい空力パッケージは、昨年と比較して異なるダンフォースを生み出している。タイヤを2018年の仕様に戻しても、新しいクルマで機能するかはわからない。2018年仕様が現在のクルマで機能するとは考えられない」

マリオ・イゾラは、通常通り、タイヤはまだ学習プロセスの段階におり、一部のチームは他チームよりも素早くコンパウンドを習得できていると考えている。

「全てのチームがタイヤの使い方について最速の方法で理解しようとしている」とマリオ・イゾラはコメント。

「優れているチームは早くにそれを失うことができる。それを達成するにはより多くの時間がかかるチームもいる」

「安全で信頼性が高く、ブリスターが発生せず、オーバーヒートが低い限り、我々は満足している。我々はシーズン中にタイヤを改良することはできないが、彼らはシーズン中にクルマを改良することができるという違いがある」

「我々はチームがクルマを改良するためのプロセスを管理しているわけではない。彼らは望んだことを自由に実施することができる」

タイヤについて慢性的な問題を抱えているハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーも、2018年仕様のタイヤに戻すことは正しい動きではないとの意見に合意している。

「我々は自分たちが望んでいることに注意を払う必要がある」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「昨年のタイヤに戻るべきだと言う前に、実際に何を望んでいるのかを見つけ出す必要がある。文句を言うのはそれからだ」

「それは我々をあまり賢くは見せない。注意を払い、タイヤを理解し、対処することを試みる必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ