インテルラゴス・サーキット F1 ブラジルグランプリ
ピレリは、ブラジルのインテルラゴス・サーキットで14日(火)・15日(水)の2日間で実施する予定だったF1タイヤテストをセキュリティ上の懸念でキャンセルすることを発表した。

F1タイヤテストでは、マクラレーンの育成ドライバーのランド・ノリスが火曜日にマクラーレンのF1マシンで2018年F1タイヤをテストする予定だった。しかし、F1ブラジルGPの週末にチームスタッフに対する強盗事件が続発。ピレリはセキュリティ上の理由でテストをキャンセルすることを決定した。

F1ブラジルGPの週末には5つの事件が発生。金曜日の夜にはメルセデスのマイクロバスが拳銃で武装した集団に襲撃されて金品を奪われた。また、ザウバー、ウィリアムズ、FIAのスタッフを乗せた車両も襲われ、レース後の日曜日の夜にはピレリのスタッフを乗せた車両も標的にされた。

「日曜日にインテルラゴス・サーキットでピレリのバンが強盗の標的にされ、ピレリのセキュリティによって難は逃れたものの、他チームにも類似した事件が起こっており、14日(火)と15日(水)にマクラーレンとブラジルのサーキットで予定していたタイヤテストをキャンセすることを決定した」とピレリは発表。

「決定は、マクラーレン、FIA、F1と共有されたこの決定は、テストに参加することになっていたマクラーレンと我々自身のスタッフの安全のために下された」

マクラーレンは「我々はインテルラゴスでの今週のタイヤテストをキャンセルすることをピレリと共同で決定した。我々の人員の安全が常に最優先事項であり、最近の出来事を考えれば、進めることは不要なリスクだと感じた」と述べた。

レース当日はセキュリティが強化されたが、今回のF1タイヤテストのキャンセルはF1ブラジルGPの将来さえも疑問が呈されることになった。

スタッフが襲撃されたメルセデスのルイス・ハミルトンは「起こったことを聞いて恐ろしかった」とコメント。

「僕は襲われたスタッフのみんなととても親しくしているし、彼らがその時にどのように感じ、どのようなことを考えたかは想像することができない」

「最も苛立ちを感じるのは、僕は10年間F1にいるけど、毎年パドックの誰かにこのようなことが起こっていることだ。起き続けている」

「ここの政府はこのような問題と戦っていると思うけど、今週末はその実施に役立る原案が生まれることになると思う」

「パドック全体にとってそうあるべきだと思う。部分的にF1の責任ではあるけど、全体的にはトップにいる人たちが全員の安全を保つために行動を起こす必要がある」

「上層部だけに警備がついているというのは良くないし、僕自身もセキュリティを着けており。全員に気を配る必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ