2016 F1イギリスGP タイヤ選択
ピレリは、2016年 第10戦 イギリスGPの各ドライバーのタイヤ選択を発表。

2016年から新しいレギュレーションが導入され、ピレリは1レースにつき3種類のコンパウンドを用意。シルバーストーンには、ハード、ミディアム、ソフトという最も硬い組み合わせのコンパウンドが持ち込まれる。ハードタイヤはF1スペインGPに続いて2度目の登場となる。

レース用に1セットずつ残しておこなければならないコンパウンドはハードとミディアムとなり、そのうちの1セットはレースで使用されなければならない。また、予選Q3用の1セットにはソフトが選択されている。

大部分のドライバーが、ソフトタイヤ寄りの選択をしており、ザウバー勢は最多となる9セットを選択。フォース・インディア勢は最初の6セットとなっている。

また、ハードタイヤに関してはだいたいが1〜2セットという選択になっているが、フォース・インディアは3セット選択している。

F1 シルバーストーン タイヤ選択関連:2016 F1イギリスGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1イギリスGP