ピエール・ガスリー 「ユベールのためにもアルピーヌF1で成功したい」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームと共にF1で成功を収めることが、亡き友人であるアントワーヌ・ユベールに敬意を表すための「素晴らしい」方法になると考えている。

アントワーヌ・ユベールは、2018年にGP3のタイトルを獲得した後、翌年にFIA-F22にステップアップ。ルノーF1の若手ドライバープログラム(現在はアルピーヌ・アカデミーに改名)の有力な才能だった。

アントワーヌ・ユベールは、スパでのフィーチャーレース中の事故で亡くなる前に、モナコとポール・リカールでレースに勝ちました。

ピエール・ガスリーとアントワーヌ・ユベールは、フランスのモータースポーツのジュニアランクをともに上り詰め、親しい友人であり、フランスのレース連盟が彼らの進歩を支援するために設立した同じ学校に通っていた。

冬の間にアルファータウリから移籍したピエール・ガスリーは、2023年にアルピーヌF1チームでレースをする。移籍の話が始まったとき、アントワーヌ・ユベールのチームとのつながりは「すぐに考えついた」と認めた。

「アントワーヌはフランス人ドライバーであり、アルピーヌのドライバーであることは知っていた。彼はアカデミー内でとても好かれていた」とピエール・ガスリーはシーズン終了後のインタビューでAutosportに語った。

「僕たちドライバー全員の間で、アルピーヌがフランス人ドライバーをトップに導くことに非常に熱心であることは知っていた。そして、彼はF1への道を進んでいた」

「もちろん、この移籍が起こったとき、それは間違いなく僕が考えたことであり、家族についても考えていました。この移籍はとてもいい話だと思った」

「僕とアントワーヌは、F1に行くという共通の夢を持っていた。彼はアルピーヌでパフォーマンスするという夢を持っていた」

「私の人生でアントワーヌをもっと思い出すような方法で何かを成し遂げることができれば、それは素晴らしいことだ」

ピエール・ガスリーが2023年にアルピーヌF1チームに移籍したのは、フェルナンド・アロンソがアストンマーティンに衝撃移籍した後、彼の契約が1年残っているにも関わらず、レッドブルF1との関係から彼をリリースする契約が結ばれた後のことだった。

今年、ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームでエステバン・オコンと共にオースフランスのラインナップを形成する。

ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームへの移籍が合意された直後にアントワーヌ・ユベールの家族にメッセージを送ったことを明かし、オフシーズンには彼らと一緒に時間を過ごしてコミュニケーションをとりたいと語った。

「いずれ話すつもりだけど、彼の母親と共有したい逸話がいくつかあるんだ」とピエール・ガスリーは語った。

「それは間違いなく私がいつも持ち歩いているものだ」

ピエール・ガスリー F1 アルピーヌF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルピーヌ