ピエール・ガスリー「アルファタウリF1での2022年シーズンは楽しくなかった」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームに加入する前のアルファタウリF1でのがっかりした最終シーズンについて正直に評価した。

フランス出身のピエール・ガスリーが、母国を拠点とするアルピーヌのワークスF1チームに移籍することが10月初旬に発表されたことは、いずれにせよ理解できることだったが、2022年のアルファタウリF1チームの状況を考えるとなおさらだ。

2021年、ピエール・ガスリーはグリッドの上位3列の常連であり、いくつかの優れた予選パフォーマンスを発揮した。F1アゼルバイジャンGPで3位表彰台を獲得し、シーズン全体でキャリア最高の110ポイントを獲得した。

しかし、2022年にアルファタウリF1はコンストラクターズチャンピオンシップで6位から9位に転落。ピエール・ガスリーは23ポイントしか獲得できなかった。

シーズン大部分で、ピエール・ガスリーは、フェルナンド・アロンソが離脱したアルピーヌF1チームで2023年に向けて新たなスタートを切望しているドライバーであるという印象を与え、レッドブルは喜んで彼の契約を解除した。

「嘘は言わない。2021年の方が2022年よりはるかに楽しい年だった」とピエール・ガスリーは語った。

「とにかく多くのことを見せるための競争力とスピードがなかった」

「もちろん、人々はトップで何が起こっているかを見ている。2位以降は注意を払わないと言う人もいるくらいだし、8位以降の後ろで何が起こっているのか実際には分からないと思う」

2022年、ピエール・ガスリーはフロントよりもフィールドの後方にいることが多かったが、それは2023年シーズンのアルピーヌF1チームで起こらないことを彼が望んでいるシナリオだ。

26歳のピエール・ガスリーは、アブダビでのポストシーズンテストで新しいチームに慣れ始めており、アルパインF1チームはランキング4位に定着することを目指している。

「このチームは僕にとって新たなスタートであり、一緒に素晴らしいことをするチャンスだと思う」とピエール・ガスリーは語った。

「彼らは復帰して以来、これまでで最高のシーズンを過ごした。彼らは良い方向に進んでいるし、シーズンごとに良くなっていると思う」

「彼らがシーズンを通して示してきたことを踏まえて、来年一緒に達成できることは非常に印象的なものになると確信している。僕はその準備ができている」

しかし、ピエール・ガスリーは、2019年に上位で戦えることを期待してレッドブルにステップアップしたとき、彼にとってはうまくいかなかった。結局、シーズンの途中でトロロッソに降格させられた。

「チームを変更し、まったく新しいチーム、新しい環境、新しい車、新しいドライバーと仕事を始めるときの仕事とタスクを過小評価することはできない」とピエール・ガスリーは説明した。

「もちろん、できるだけ早く機能させるための適切なアプローチを見つけなければならない。でも、僕が見てきたことから、素晴らしい結果が得られる可能性があると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ / アルピーヌ