ピエール・ガスリー 「角田裕毅にリーダーの資質があるかはわからない」 / アルファタウリF1
ピエール・ガスリーは、自分がチームを去った後、チームメイトの角田裕毅がアルファタウリF1のチームリーダーになる準備ができているかどうか確信が持てていないと明かす。

ピエール・ガスリーは、2023年にルノーが所有するアルピーヌF1チームに加わるためにレッドブル ファミリーを去る。後任として高い評価を得ている27歳のニック・デ・フリースにアルファタウリF1に加入する。

アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、それがリスクであることを認めている。

「クルマに問題があった場合、すべてを解決するのはそれほど簡単ではないと思う。ニックはF1の経験があまりなく、裕毅はまだ学習過程にあるからだ」

「しかし、来年の裕毅は技術指導をするのに十分なほど成熟しているはずだと思っている」

22 歳の角田裕毅は、アルファタウリで F1 に参戦して 2 年目になるが、速さは認められているものの、短気な性格がしばしば批判されている。

「彼は頭に浮かんだすべてのことをすぐに口に出してしまう」とピエール・ガスリーは motorsport-total.com に笑った。

「彼はユニークなキャラクターだし、ユーモアのセンスも素晴らしい。素のままだし、それには驚くときもある。でも、彼は素晴らしい男だ。

「この過去 2 年間はとても楽しかった。裕毅は進歩しているし、人として成長した」

角田裕毅が 2023年に自分が担ってきたドライバーリーダーのポジションを引き継ぐ準備ができているかどうかと質問されたピエール・ガスリーは「裕毅がチームリーダーになる素質を持っているかどうかは、時が経てばわかるだろう」と語った。

「彼は何に取り組む必要があるかを知っているので、来シーズン改善し続けても僕は驚かないだろう。セルフコントロールだ。でも、彼は良い人たちに囲まれているので、ドライバーとして成長し続けることができるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ / 角田裕毅