ピエール・ガスリー 「F1シンガポールGPで導入の空力アップデートに期待」
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第17戦シンガポールGPへの意気込みを語った。

「コンストラクターズ7位から1ポイント遅れているので、今年の最後の 6レースでの目標は、少なくとも可能な限り上に移動することであり、それは非常にタイトに見える」とピエール・ガスリーはコメント。

「6位のアルファロメオに追いつくことは不可能ではないけど、それは困難かもしれない。簡単ではないけど、両方の車でできるだけ頻繁にポイントを獲得することを目指す必要がある」

「それが車を最大限に活用し、チームとして可能な限りすべてを行うという各レース週末に対する僕たちのアプローチを変えるわけではない」

「僕たちはシーズン後半の最後のパートに来ている。僕たちが数年間レースをしていないシンガポールと日本から始まり、すべてのヨーロッパ以外のホームからあまり近くない僕たちがあまり知らない非常に異なるタイプのサーキットもある」

「したがって、何が起こるか分からない。 前回のトリプル ヘッダーでは、3レース中2レースでポイントを獲得したけど、スパで始まったこのポジティブな傾向を継続する必要がある」

「今年の最後のパートは僕のお気に入りのトラックの1つであるシンガポールでスタートする。 2019年に最後にレースしたときはポイントでフィニッシュした。コーナーが多く、リズムがあり、非常にツイスティでテクニカルなトラックだ。ミスが許されない複雑なストリートサーキットなので、集中力が必要なコースだ」

「このレースでは空力アップデートも投入されるので、それがパフォーマンス面で何をもたらすか見ていくつもりだ」

ピエール・ガスリー スクーデリア・アルファタウリ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1シンガポールGP / アルファタウリ