アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「トラックリミットについてF1レースディレクターと良い議論」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、F1ハンガリーGPの予選Q1でスチュワードの「非常に議論の余地のある」判断によってファステストラップを奪われた後、ハンガリーでF1レースディレクターとトラックリミットの厄介な問題について長い議論をしたと語った。

F1ハンガリーでは、トラック リミットが再び多くの議論の中心となり、ピエール・ガスリーのチームメイトである角田裕毅とミック・シューマッハがトラックリミット違反で制裁を受け、レッドブルのセルジオ・ペレスに科されたペナルティは、さらなる調査の結果、スチュワードによって取り消された。

ピエール・ガスリーは、ハンガロリンクのターン5で発生した論争の的となっているトラックリミット違反の結果、予選でQ2に進出することができなかった。

アルファタウリF1は、後列からのスタートを考慮して、ピエール・ガスリーのF1パワーユニットの戦術的な変更を選択。事前承認は受けずに交換したことでピットレーンスタートとなったが、12位でチェッカーフラッグを受けており、より上位グリッドでスタートしていればと考えずにはいられなかった。

Q1のトラックリミットペナルティについてピエール・ガスリーは「まだかなり怒っている」とコメントした

「僕が見た電子メールを見ると、僕がコースに乗っていたかどうかについては非常に議論の余地があるからだ」

「裕毅とチェコにも同様のことが起こった。オンボードでは彼らは明らかにコースに乗っていた。だが、いずれにしろ、それはそれだ」」

「そして、僕たちの立場から言えば、後方からスタートして、パッケージからもう少し理解しようとすることができたのは良かったと思う」

「まだ素晴らしいとは言えないけど、少なくともパフォーマンスの良い兆候がいくつかある」

日曜日の朝、物議を醸した予選でのスチュワードの判断にまだ納得いかないピエール・ガスリーは、F1の共同レースディレクターであるニールス・ウィティッチとエドアルド・フレイタスと、トラックリミットとそのポリシングについて生産的な40分間の議論を行った。

「今朝、ニールスとエドアルドと40 分間を過ごし、みんながもっと幸せになる方法について話し合い、見つけようとした」とピエール・ガスリーは語った。

「現時点で、彼らは膨大な量の仕事を抱えている。彼らは楽をしているわけではない。明らかにこのターン5では可能な限り公平な方法でそれを取り締まる適切なツールを持っていなかった」

「僕たちはまず、それを監視するためのより一貫した方法を持ち、それが正しい方向に進んでいることを確認するために、今後の解決策について話した」

「彼らは非常にオープンで、フィードバックを期待していたと思う。また、もっと良くするために今後数週間で、すべてのドライバーにも連絡して、解決策を提供する方法を見つることができるかどうかを確認する」

ピエール・ガスリーは、彼の違反はCCTVの映像に基づいて決定されたと指摘し、コース上での彼のポジションを再確認する他の情報源はなかったと語る。

「僕にとって、最も公正な方法で取り締まるための適切なツールを持っているかが重要であり、そうでない場合はそれを行うべきではない。それが僕たちが話し合ったことだ」とピエール・ガスリーは語った。

「来年に向けて、彼らはすでに別の選択肢を検討していることを知っているけど、残念ながら、今シーズンのこの出来事の結果の代償を払うことになったのは僕だった」

ピエール・ガスリー F1 スクーデリア・アルファタウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ