ピエール・ガスリー 「F1ドライバー市場で強い立場にいる確信はない」
ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスとの契約を更新したことで、長期的な将来にむけて“すべてのオプション”を検討しているが、自分がドライバー市場で“強い立場”にいるかどうかは確信がないと語る。

スクーデリア・アルファタウリで競争力を発揮しているピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングに復帰することを望んでいた。しかし、チームは、セルジオ・ペレスとの契約を延長。2024年末までそのドアは閉じられた。

ピエール・ガスリーはまだスクーデリア・アルファタウリでのレース契約が1年残っているが、それを以降は、物事ははるかにオープンになり、レッドブル・ファミリーを完全に去ることを意味する可能性がある。

ダニエル・リカルドのマクラーレンF1での長期的な見通しについての質問の中で、ピエール・ガスリーはすでに2024年からランド・ノリスとチームメイト候補として選ばれている。

セルジオ・ペレスの契約延長のニュースが発表されて以来、バクーでメディアの前に姿を見せたピエール・ガスリーは、長期的なF1の将来がどこにあるかについてよりオープンマインドであると語った。

評価の高いドライバーとして、ドライバー市場で強力なポジションにいると思うかと質問されたピエール・ガスリーは「それを強い立場と呼べるかどうかは分からない。でも、現時点では、2023年以降はのものは何もないため、すべてのオプションを検討している」と語った。

「今のところ、そンな感じだし、見ていくつもりだ。ヘルムート(マルコ)と話し合う必要があることだ。もちろん、彼らは僕をキープしたいと思っているし、プログラムに僕をキープしたいと思っている。でも、言ったように、これを機能させる方法を確認する必要があるし、通常の会話が進行中だ」

ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスにコミットした理由を完全に理解しており、今重要なのは彼のボスが自分の長期的な将来をどう見ているのかをよく理解することであると述べた。

レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスとの契約を延長したことについて、ピエール・ガスリーは「僕に言えることは、それは論理的だということだ」とコメント。

「僕は非常に客観的な人間なので驚きではなかった。2人目のドライバーに期待することをベースにすれば、ペレスはすべてのボックスにチェックマークを付けている」

「彼は素晴らしいシーズンを過ごしており、今シーズンは非常に好調で、速く、財政的にある程度の支援を受けており、経験も豊富で、チームにぴったりだ。だから、僕にとってまったく驚きではなかった」

「一方で、それによって、僕のキャリア、僕が持っている野心は明らかに影響を受けるので、僕たち全員にとって何が最善か、そこから進めていくかを明らかに決定するために、現在ヘルムート(マルコ)と話し合っている」

ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングにすぐにチャンスがないことを知ってがっかりしているが、決定のタイミングが長期的にどこに落ち着くかについてじっくり考えられることを歓迎していると語る。

「それは良いことだと思う」とピエール・ガスリーは語った。

「明確にし、何が起こっているのかを知ることは常に良いことだ。11月か12月に起こっていることを知るよううな状況は望ましくない。だから、その点では、より良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ