ピエール・ガスリー 「、売速なロサイルは好きな種類のサーキット」 アルファタウリ・ホンダ F1カタールGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが、2021年F1カタールGPへの意気込みを語った。

前戦F1ブラジルGPでは、アルピーヌF1に2台を抑えて7位でフィニッシュ。コンストラクターズ選手権5位のアルピーヌとの同点を維持する大活躍を見せた。

「ブラジルを終えても、コンストラクターズチャンピオンシップでの5位争いに踏みとどまれているけど、タフなレースウイークだった」とピエール・ガスリー。

「再びサンパウロに行けてよかったし、メディアの皆さんによって、前回の2位フィニッシュの思い出を呼び起こされた。今回は表彰台とはいかなかったけど、スプリント予選でも決勝でもスタートがよくなかったのに、7位まで挽回して何度かオーバーテイクも決められたのはポジティブな結果だし、次戦に向かう勢いにもなる」

初走行となるロサイル・インターナショナル・サーキットについてピエール・ガスリーは「カタールのコースはシミュレーターで走り、MotoGPのレースも見ていた」とコメント。

「シミュレーターでは、4~6速を使う高速コーナーが多くてとても面白いと思うし、高速セクションによってフィジカル面でも過酷になると思う。僕の好きな種類のサーキットで、マシンを空力の限界までプッシュできる高速コーナーが多いので、とても面白くなるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ / F1カタールGP