アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリー 「チームとしてもうミスは許されない」
ピエール・ガスリーは、アルファタウリ・ホンダF1は今シーズンにミスを犯さないよう取り組む必要があると訴える。

F1ロシアGPでピエール・ガスリーは、初日のフリー走行で3番手タイムを記録したが、予選ではQ2最後にライバルが新品タイヤに交換しているにも関わらず、チームは中古のインターミディエイトで走行することを決断し、12番手でQ2敗退を喫した。

ピエール・ガスリーは、この出来事を“大きなミス”だと不満を露わにし、トップ10内のグリッドを覚悟するチャンスを犠牲にしたとチームを批判した。

レース中、ピエール・ガスリーはポイント圏外を走行していたが、明暗が分かれたレース終盤の雨でアルファタウリ・ホンダをステイアウトを選択肢、順位を上げるチャンスを失った。

ピエール・ガスリーは最後にピットストップしたドライバーの一人でだり、他のドライバーがピットインを始めてから3周後の50周目にピットに入った。最終的にピエール・ガスリーは13位でフィニッシュしている。

その1週間前にもピエール・ガスリーは悲惨な週末を過ごしていた。予選を6番手通過したガスリーだったが、スプリント予選でクラッシュ。決勝ではレコノサンスラップからマシンにトラブルが発生し、スタート後、1周でリタイアすることなった。

どちらのレースでも、ミッドフィールドチームがポイントを獲得しており、ライバルのアルピーヌは多くのポイントを獲得している。

「今週末、僕たちはポイントを獲得するに値しなかった」とピエール・ガスリーはF1ロシアGPについて語った。

「僕たちはミスを犯しすぎていると思う。そして、僕たち全員がもっと働き、そのような機会をどのように活用するかを理解する必要があると思う」

「明らかにもっとうまくやれたはずだし、受け入れがたいことだ。今年の残りの期間はうまくやれることを願っている」

「チームには非常に賢い人々のグループがいることを知っているし、僕たちがどのように物事を行うかの問題だ。そして、残念ながら、今週末は僕たちは昨日も今日も間違っていた。僕たちは大きなポイントを取りこぼした」

「正直な、このクルマは再び競争力があったので残念だ。チャンピオンシップで5位争いをしたいのなら、そのようなミスを犯すことは許されない」

「今週末、全体的に僕たちはチームとしてシーズンを通して示してきたようなレベルでパフォーマンスを発揮していなかった。残念だ。僕は人々を信じているし、このチームを信じ、彼らが何ができるかを知っている」

「今週末に見せたパフォーマンスは、僕たちができるレベルではない。すべてを分析して、トルコでより強く戻ってくる」

ピエール・ガスリーのフラストレーションは、バルテリ・ボッタスが早期にピットインを判断したことで5位に順位を上げた事実によって悪化した。レース前半、ガスリーはボッタスを抑え続けていた。

「第1スティントはずっとボッタスの前だった」とピエール・ガスリーは語った。

「第2スティントはボッタスのすぐ後ろにいた。その後、雨が降り、彼らは彼をボックスに入れ、僕たちはステイアウトした。彼は5位でフィニッシュし、僕たちはポイント圏外でフィニッシュした」

「僕たちは正しいタイヤでコース上にいなかった。僕たちは雨が強くなるとは思っていなかったみたいだけど、雨が強くなった。残念だった。僕たちの天気予報を改善する方法を見直していく」

「コンディションがどのようなっているか、それをどのように取得するかに頼る必要がある。僕はそのまま安定していると言われたけど、残念ながら、そうではなかった。僕たちは修正する必要がある」

「このような状況は初めて起こったことではない。2018年のホッケンハイムは、ドライになたときにウェットで楽しくなかったと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ