ピエール・ガスリー、レッドブルF1代表の「2023年の構想内」発言に感謝
ピエール・ガスリーは、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2023年のレッドブル・レーシングの構想に残っている発言してくれたことを“感謝”していると語った。

予期せぬ出来事が起こらなければ、ピエール・ガスリーは2022年にスクーデリア・アルファタウリで3シーズン目を過ごすことになる。チームは、2022年にガスリーと角田裕毅が残留することを発表している。

だが、それ以降のピエール・ガスリーの将来は不透明となっている。ガスリーは、2021年シーズンの傑出したドライバーのひとりであり、一貫して予選でトップ6に入り、F1アゼルバイジャンGPで表彰台を獲得。15レース中10レースでポイントを獲得し、ドライバーズランキングで9位に位置している。

セルジオペレスは2022年にレッドブル・レーシングともう1年間の契約を結んでいるが、2023年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトについては不確定となっている。

最近、ピエール・ガスリーの見通しについて質問されたレッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは「何も除外していない」と語った。

「ピエール・ガスリーはここ数シーズン、アルファタウリと驚異的な仕事をしてきた。彼らの願望は高まり続けているので、彼がリードドライブを維持することは良いことだ。彼はアルファタウリに貸し出されているレッドブル・レーシングのドライバーのままだ」

ピエール・ガスリーは、レッドブルレーシングでの彼の最初のスティントは「決してうまくいかなかった」が、自分が改善しており、レッドブル・レーシングに戻る可能性あり、候補ドライバーとして残っていると発言してくれたクリスチャン・ホーナーに感謝していると語る。

「もちろん、それらの言葉には本当に感謝している。僕の仕事がクリスチャンによって評価され、見られているのがわかるからね」とピエール・ガスリーは The Race に語った。

「僕たちにはまだ多くの時間を残っている。現時点では、今年の世界選手権を勝ち取るために彼ら[レッドブル]に焦点が当てられている。彼らは来年、レギュレーションの大幅な変更を伴う別のショットを持っている。僕たちは、12か月後に起こり得ることについて話し合っている」

「そして、僕の仕事は、そこで仕事を提供する可能性があることを彼らに示し続けることだ。そして、2023年に何が起こるかを見ていくつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル