ピエール・ガスリー 「パフォーマンスレベルはすごいいい傾向」 / アルファタウリ・ホンダ F1ロシアGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが、2021年F1ロシアGPへの意気込みを語った。

前戦F1イタリアGPでは、スプリント予選でクラッシュを喫してピットレーンスタートとなったピエール・ガスリーだが、決勝前のレコノサンスラップでシステムに不具合が見つかり、わずか1周でレースをリタイアすることとなった。

「モンツァではいい面もあったので、結果は残念だった」とピエール・ガスリーはコメント。

「チームにとってはよくない形でレースウイークを終えたけど、裕毅も僕もレースに向けてペースを向上させていたし、僕は予選がとても上手くいった。とても残念だけど、サマーブレイクが明けてからの3戦はパフォーマンスレベルがとてもよく、すごくいい傾向だ」

「シーズン残りのレースに向けてはいい兆しで、ここからすべてのレースで競争力を発揮できるはずだ。また、イタリアでPU交換のペナルティーを消化できたのもいいことで、ここから最終戦までペナルティーなしで進めばと思う」

「3連戦中はかなり忙しく、レースの合間に何かをする時間もなくて、普段のような強度のトレーニングもできなかったので、イタリアGPを終えて、少し休息を取った。チームのみんなにとっても、この束の間の休みはよかったし、僕も再始動する前にシミュレーターからは少し離れ、フランスで家族と過ごす時間が少し取れた」

「次のソチでは、昨年Q3に進んでトップ10フィニッシュを果たしている。このコースでは次々と似たようなコーナーが続くが、とても好きだ。最終セクターはかなりテクニカルで、ロングストレートもあるのでオーバーテイクやいいバトルができると思う。オリンピックパークにあるため、スポーツ会場として特別な雰囲気があるし、ソチの街も年々発展している。最初にF2のレースで訪れたときと比べて、多くのレストランや見どころが増えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / F1ロシアGP / アルファタウリ