ピエール・ガスリー 「レッドブルF1との関係は非常にポジティブ」
ピエール・ガスリーは、2022年にレッドブルF1に戻るかどうかを知るために夏休みよりも長く待つことを期待していない。

ピエール・ガスリーは、2019シーズンのレッドブル・レーシングへの昇進を獲得したが、それはあまりにも早く来たコールであり、シーズン途中でトロロッソに戻ることにつながる一連の悪いパフォーマンスに繋がった。

それ以来、ピエール・ガスリーのキャリアは堅調に推移しており、25歳の彼は現在、名前が変更されたアルファタウリ・ホンダF1のリードドライバーを務めている。その降格、以来、レースでの勝利と2回の表彰台のフィニッシュを成し遂げている。

そして、2021年の終わりにセルジオ・ペレスのレッドブルF1との契約が満了する中、チームは2022年にマックス・フェルスタッペンと並んで誰をそのセカンドシートに配置するかを決定する必要がある。

ピエール・ガスリーは、その決定が8月の3週間の夏休み中、またはその直後に行われることを期待している。

「僕サイドではそれはかなり明確だと思う。それはレッドブルの手に委ねられている」とピエール・ガスリーはF1ハンガリーGPの前に記者団に彼の将来について尋ねられたときに語った。

「マックスはトップチームで来年の契約を結んでいる。セルジオは1年契約を結んでいると思う。そこで何が起こるか、そして、一緒に今後何をするかを見ていくつもりだ」

「もちろん、僕は彼らともうしばらく契約を結んでいるし、夏休みのある時点で、または夏休みの後にいくつかの答えを得る必要があるとかなり確信している」

トロロッソのアルファタウリへのリブランドの一環として、レッドブルはそのチームをジュニアではなく姉妹チームとして扱い始める意向を示し、ピエール・ガスリーをアルファタウリのチームリーダーとして高く評価していることを明らかにした。

これはピーエル・ガスリーがレッドブルと話し合った役割だが、彼の最終的な目的はグリッドの最前線での競争に戻ることだ。

しかし、これらすべての議論は少なくとも「本当に前向き」だったとピエール・ガスリーは語る。

「彼らは、アルファタウリのリーダーがチームを本当に前進させ、このチームを立ち上げることを望んでいる。そこには素晴らしい協力関係があるし、アルファタウリを前進させる本当の意志があると思います」とガスリーは説明しました。

「ドライバーとして、常に最高のマシンに乗り、最高のポジションを目指して戦いたいと思っている。それが僕たちが話し合っていることだ」

「結局のところ、僕サイドでは、週末ごとにパフォーマンスを行い、レースごとにレースを行い、自分のポテンシャルを示すことにのみ焦点を当てている」

「彼らが僕をステップアップさせたいのか、それとも現状のペアに固執したいのかは彼らの手に委ねられている。それはセルジオがどのようなパフォーマンスをしているのか、そして、彼らがアルファタウリの将来をどのように計画しているかに依存する」

「僕たちは多くのことについて話し合っているけど、一般的には本当に前向きだと思っている。コミュニケーションがあり、物事が順調に進んでいるときは常にそれは良くなっていく。現時点ではそれ以上の答えはない」

「でも、今後数週間でさらにニュースが増えると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ