アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリー 「トラブルがなければハミルトンが全勝していた」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、レーシングインシテントがなければ、ルイス・ハミルトンは昨年の全レースで優勝していたとし、そうなっていたらF1ファンにとって“退屈”だっただろうと語る。

ルイス・ハミルトンとメルセデスF1は、レギュレーションが最後に大幅に変更されて2014年にF1がターボハイブリッド時代に突入して以来、F1を完全に支配しており、ハミルトンは全レースの53%で勝利を収めている。

ピエール・ガスリーは、2020年にモンツァで開催されたF1イタリアGPでF1初優勝を挙げた。そのレースで、ルイス・ハミルトンは、ピットレーンが閉鎖されたピットインしたとしてストップ&ゴーペナルティを受けて、フィールドの後ろに後退していた。

ピエール・ガスリーは、レースに勝つことができたものの、通常同じドライバーが勝つtぽいう単調さは、F1ファンにとって「退屈」だと語る。れよう

「結局のところ、クルマには違いがあり、事故や予期せぬ事態が発生しなければ、それは退屈なレースになるだろう」とピエール・ガスリーは語った。

「それが人々がF1レースを観戦する理由になるとは思わない」

「明らかにメルセデスには問題があったし、あのレースに勝つ可能性のある人はたくさんいた。カルロス、ランド(ノリス)、ボッタスが戻ってきた。彼はレースの途中で6番手にいた。そして、誰もそれを成し遂げなかった。だから、僕たちは勝利にふさわしいと思う」

「セルジオ(ペレス)が勝ったときもメルセデスはあらゆる種類の問題を抱えていたし、同じことを言えると思う。でも、ルイスが勝たないときには同じことが言えると思う。彼やメルセデスには常に何かしらのことが起こっていたとね」

この優位性は今シーズンのレッドブル・ホンダによって破られる可能性がある。現時点ではメルセデスよりも速いマシンを持っているだ。

メルセデスチームのプリンシパルであるトトヴォルフは、レッドブルが2021年に最強の総合パッケージを持っていると信じている。マックスフェル・スタッペンはバーレーンでメルセデスに先んじてポルポジションを獲得し、イモラでは最後のフライングラップでのミスを犯したことでポールを逃した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ