ピエール・ガスリー 「ウィリアムズF1は中団グループに復帰した」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、ウィリアムズF1は“大きな進歩を遂げた”と語り、今はF1のミッドフィールドのライバルと見なさなければならないと語る。

昨年、ウィリアムズはグリッド後方が定位置であり、予選では最も近いライバルよりも1秒遅いタイムでQ1で敗退することも多かった。

2020年、ウィリアムズはまだポイントを獲得していない唯一のチームだが、特に予選ペースは飛躍を遂げており、F1ハンガリーGPではジョージ・ラッセルが12番手、ニコラス・ラティスが15番手と2台揃ってQ2進出を果たしている。

「ウィリアムズは明らかに大きな進歩を遂げているし、ルノーと同様にミッドフィールドバトルの一部と見なすことができる」とピエール・ガスリーは語った。

「今、前にいるチームとのギャップを縮められるかは僕たち次第だし、彼らを追い越せることを期待している」

「僕たちは正直な車を持っていると言えると思うけど、特に空力面で、改善する必要があることがわかっている。そこでもっとパフォーマンスを見つけることができるはずだ

「このマシンは特定のエリアで大きな弱点があるわけではない。もっとマシンのバランスを得るために2~3つのことを改善させる必要がある。最も重要なことはもう少しダウンフォースを見つけることだ」

「ミッドフィールドでは、昨年からいくつかのチーム、特にレーシング・ポイントとマクラーレンが大きな一歩を踏み出したことを考慮する必要がある。それにより、チームとの間に大きなギャップが生まれている」

ピエール・ガスリーのチームメイトであるダニール・クビアトは次のように付け加えた。

「ミッドフィールドでの戦いは昨年よりはるかに拮抗しているように思う」とダニール・クビアトはコメント。

「たとえば、レーシングポイントは大きな前進を遂げているし、彼らは私たちの前を走っている。これはマクラーレンにも当てはまると思う。この2チームは戦いタフなものにしている」

関連:2020年 F1イギリスGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ウィリアムズ / ホンダF1 / アルファタウリ