F1
ピエール・ガスリーは、レッドブルからトロロッソへの降格を経験した2019年のF1世界選手権は“ハリウッド映画”のように感じたと語る。

前年にトロロッソで有望なデビューシーズンを終えたピエール・ガスリーは、2019年にレッドブルに昇格したが、チームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵する結果を残すことができず、夏休み中にトロロッソへの降格を言い渡された。

しかし、トロロッソで復調したピエール・ガスリーは、ブラジルGPでF1初表彰台を獲得。後半戦はトロロッソのチームメイトであるダニール・クビアトを大きく上回った。
また、ピエール・ガスリーは、F1ベルギーGPで親友のアントワーニ・ユベールの死と向き合わなければならなかった。

ピエール・ガスリーは、2019年のF1世界選手権を「まるでハリウッド映画のようだった」と振り返る。

「どのように始まったのか、いつ始まったのか、最初の6か月間で起こったことなど、すべてがリアルであると想像さえできなかった」
「交代後にトロロッソに戻ったときにはあまりリアルに感じられなかった」

「シーズンにわたって『こんなこと起こりえない。リアルではない』と感じる瞬間がたくさんあった」

ピエール・ガスリーは、アントワーヌ・ユベールの死がどん底で、F1ブラジルGPでの2位がハイライトだったと語る。

「ジェットコースターのような一年だった。あらゆる感​​情を経験した」とピエール・ガスリーは語る。

「アンソニーが亡くなったときスパは人生で最も悲い瞬間の1つだった。すでに僕はトロロッソに戻って難しい週末だった」

「それからブラジルがあった。おそらく僕の人生で、僕のキャリアの中で最高の瞬間だった」

「私は一年を通して感情に多くのアップダウンがあった。それらの様々な感情、様々な時間を経験しながら、本気で仕事をして、プッシュし続けることができたのは素晴らしいことだった。『OK、プッシュし続ければ、どこかの時点で物事は正しい順序で落ちてくる』とわかっていた」

ピエール・ガスリーは、F1ブラジルGPでの表彰台で自分のことを疑う人たちを黙られることができたとは考えていないと語る。

「仕事が報われるのを見るのは良いことだったし、素晴らしかった。トロロッソに戻った後、表彰台がひとつ多くても少なくても、自分という人間を変えることはない」

「僕はまだ同じ人間だ。まだ同じように仕事をしていて、同じように物事に取り組んでいる。でも、このような困難な時期を経ても、自分が望むパフォーマンスに達するまで常に仕事を続けていることを示せたのは素晴らしいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / トロロッソ / ホンダF1 / アルファタウリ