ピエール・ガスリー 「F1もインディカーのようにスポッターを採用すべき」
トロロッソ・ホンダのピーエル・ガスリーは、F1はインディカーで採用されているスポッティングシステムの追加を検討すべきだと考えている。

F1イタリアGPでは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがアスカリシケインで単独スピンを喫してコースに合流しようとした際にランス・ストロールと接触。スピンを喫したランス・ストロールも合流する際にピエール・ガスリーの走行を妨げ、ガスリーは回避行動を取らざるを得なかった。

二人ともドライバーが来ているのが見えなかったと説明しており、ピエール・ガスリーもF1マシンがHANSシステムによって頭を回すのが非常に難しいこと認め、スポッティングシステムを導入すれば、インシデントの後に間違ったタイミングでコースに合流することを防ぐことに役立つと考えている。

「F1カーは形状の形状もあるし、HANSシステムがついていることで頭を回すのがとても難しい」とピエール・ガスリーはコメント。

「残念ながら、彼はあの場所で何も見えなかった。このようなケースではエンジニアリングが支持するべきだったかもしれない。レースではできるだけ早く戻りたいものだ。でも、最終的に彼にとってはさらに悪い結果になってしまった」

インディカーは、スポッターが配置され、マシン間の問題のリスクを最小限に抑えることを助けている。

「現時点で完全な解決策を思いついているわけではないけど、理想的ではないのは確かだし、安全な方法でもない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / トロロッソ / ホンダF1