F1 ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリーは、レッドブル・ホンダでの新しいキャリアで最高のスタートを切れてないかもしれないが、F1カーを走らせることは“説明できない感覚”だと語る。

昨年、ジュニアチームのトロロッソ・ホンダで印象的なパフォーマンスを見せたピエール・ガスリーは、今年からレッドブル・ホンダに移籍。F1モナコGPではレッドブルでのベストリザルトとなる5位入賞を果たし、RB15で改善の兆候を示している。

ピエール・ガスリーは、F1カーをドライブするスリルについて“表現するのはほぼ不可能”だと Mobil 1 The Grid に語った。

「F1カーを走らせることからどれくらいの喜びを得られるかを説明するのはほぼ不可能だ」とピエール・ガスリーはコメント。

「このようなクルマを運転できる幸運な人々は世界でほんの一握りだし、運転したことのない人々にそのフィーリングを理解してもらうのはほぼ不可能だ」

「アドレナリン、スピード、Gフォースについて説明するのは彼らがクルマに乗るまでほぼ不可能だ。物凄い速さだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / ホンダF1