F1 ピエール・ガスリー マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
2019年にレッドブル・ホンダとの初シーズンを迎えるマックス・フェルスタッペンは、チームメイトにマックス・フェルスタッペンがいることは“パーフェクトな比較基準”でになると考えている。

昨年、トロロッソ・ホンダでF1で初のフルシーズンを戦い終えたピエール・ガスリーは、ルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに昇格を果たした。

レッドブル・レーシングは、ピエール・ガスリーにはパフォーマンスを発揮できる実力があると確信してはいるが、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、ガスリーの昇格は望んでいたよりも早くに行われることになったと認めている。

だが、ピエール・ガスリーは、5回のF1レースウィナーであるマックス・フェルスタッペンが同じマシンに乗ることは、自分の腕を上げるための助けになると考えている。

「ルイス(ハミルトン)やセブ(セバスチャン・ベッテル)と比較するのは難しいけど、昨年に彼がはっきりと示したパフォーマンスに基づけば、彼は明らかにパドックでベストドライバーの一人だし、最も才能のあるドライバーの一人だと思う」とピエール・ガスリーは Autosport にコメント。

「だから、僕にとっては彼のような比較基準がいてくれることはパーフェクトだ」

「僕にとってF1で学び続けて、自分自身からもっとパフォーマンスを引き出すために有益なことだと確信している。僕はずっと速いチームメイトがいることは良いことだと思っている。それが自分のベストを引き出すには最適な方法だからね」

また、F1の上位集団に加わるための準備をしているピエール・ガスリーは、予選で強いという自分の能力は有益だと考えている。

「自分のことをかなり客観的な男だと思っているし、うまくやれることもあれば、間違ったことをするときもあることはわかっている。そして、僕はいつもそのような状況から学んでいる」

「僕はいつもドライバーとして自分の能力を向上するために何ができるか、どうすれば持っているパッケーッジから最大限を引き出するかを常にい自問自答している」

「そして、自分にはスピードがあると信じているし、僕は1周ですべてを引き出すことができると信じている。それは予選で重要なことだ」

「良いスタートポジションを得ることができれば、レースがずっと楽になることは僕たち全員が知っていることだ。それが僕の強みのひとつだと思っているし、僕たちに1周で良いパフォーマンスを持っているのであれば、それが僕がレッドブルとベストを尽くさなければならないことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | マックス・フェルスタッペン