F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
ピエール・ガスリーは、自分がF1にいるのは“勝つためであることは明白”だと語る。

昨年、トロロッソ・ホンダで初のF1フル参戦を果たしたばかりのピエール・ガスリーだが、2019年はルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任として、3強チームの一角であるレッドブル・レーシングに加入する。

今年、ピエール・ガスリーは、レッドブルが大きな期待を寄せているマックス・フェルスタッペンとパートナーを組むことになるが、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーは“ナンバー2”ドライバーとして加入するのではなく、二人を平等に扱っていくと主張している。

「今年はF1での2シーズン目だし、まだ学ばなければならないことはわかっている」とピエール・ガスリーは RMC にコメント。

「レース・オブ・チャンピオンズのためにメキシコにいた。そこでベッテルと話をして、成長という点で本当にピークだと感じたのは何歳のときだったかと質問したんだ。彼は28~30歳くらいだと言っていた」

「僕たちは常に経験を積んで成長しているし、自分が改善していくことはわかっている。でも、自分がF1にいるならば、それは勝つためであるのは明らかだし、いつかワールドチャンピオンになるためにやっている」

「その経験を積むには時間がかかるし、ワールドチャンピオンになるには最高のドライバーを倒さなければならない。現時点でマックスは明らかに最高のドライバーのひとりだ」

「だから、マックスがチームメイトなのは僕にとって素晴らしいチャンスだし、比較でもある」

レッドブルとマックス・フェルスタッペンは、2019年にタイトルを獲得するチャンスがあると強気だが、ピエール・ガスリーはレッドブル・ホンダがどれくらい競争力があるかは確信を持っていないと語る。

「またシーズンの具体的な目標は決めていない。クルマがどれくらい競争力があるかわからないからね」とピエール・ガスリーはコメント。

「レギュレーションが変更になり、僕たちはエンジンサプライヤーを変更した。21戦で3基のパワーユニットしか使えないし、それは難しい状況だ。僕が誤解いていなければ、昨年僕たち(トロロッソ・ホンダ)は8基のエンジンを使用していた」

「でも、レッドブルが良いクルマを生み出して、表彰台や勝利を争うチャンスを得られるならば、それを生かすつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー