F1 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・ホンダでマックス・フェルスタッペンのナンバー2ドライバーになるつもりはないと語る。

昨年、トロロッソ・ホンダでF1で初めてフルシーズンを経験したピエール・ガスリーは、ルノーに移籍するダニエル・リカルドの後任として、今年からホンダのF1エンジンを搭載するレッドブル・レーシングに加入する。

ダニエル・リカルドがレッドブル・レーシングを離れたのは、ルノーからホンダへとF1エンジンを変更すること、そして、チームの焦点がマックス・フェルスタッペンが置かれることを懸念したことが理由だと伝えられている。

2014年にレッドブルのジュニアプログラムのメンバーとなったピエール・ガスリーは、2017年後半にトロロッソからF1デビュー。初のフルシーズンとなった昨年はチームメイトのブレンドン・ハートレーよりも優勢にシーズンを進めた。

ダニエル・リカルドの後任としてカルロス・サインツを差し置いてレッドブル・レーシングのドライバーに抜擢されたピエール・ガスリーは、過去3年間でチームとマックス・フェルスタッペンがなしい遂げたようにレースで勝利することを望んでいる。

レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンにF1ワールドチャンピオンを獲らせたいと公言しているが、ピエール・ガスリーは2019年からフェルスタッペンのレベルに達することを目指しており、単純にフェルスタッペンのサポート役に回るつもりはないと語る。

「現在のベストドライバーの一人がチームメイトであることは僕にとって大きなチャレンジになるだろう」とピエール・ガスリーは Motorsport-Total にコメント。

「僕が競争力を発揮するには少し時間がかかるかもしれないけど、ここでナンバー2ドライバーになるつもりはない。そんなこと望んではないし、満足できるわけがない」

「それらの作業には時間がかかるし、マックスはパドックで最速のドライバーのひとりだ。それは僕にとって本当にエキサイティングなことだ。自分をより高いレベルに引き上げてくれるからね。シーズンを通して自分が向上していくのは確かだ」

ルノーからホンダにF1エンジンを変更するレッドブル・レーシングの2019年シーズンには大きな注目が集まっており、ピエール・ガスリーの野望の大部分はマシンのパフォーマンスによって決定することになるだろう。

「勝てるクルマに乗れるならそうしたいけど、トップ5を十分に争える優れたクルマしか得られない場合はそれがゴールにになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | ホンダF1