F1 ピエール・ガスリー ホンダF1
ピエール・ガスリーは、自分はスーパーフォーミュラに参戦して以来、ホンダのエンジンと強い関係があり、レッドブル・レーシングとホンダとの関係における“ファーストピース(first piece)”だったと語る。

今年、トロロッソ・ホンダでF1フル参戦を果たしたピエール・ガスリーは、バーレーンGPでの4位を含め、印象的なパフォーマンスを披露している。

ホンダは、2019年からレッドブル・レーシングとのワークスパートナーシップが決定。ダニエル・リカルドが今シーズン限りでレッドブルを離脱することが決定したことで、ピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・レーシングへの昇格が噂されている。

ピエール・ガスリーは Crash.net のインタビューで、日本でスーパーフォーミュラに参戦して以降、ホンダとの関係がどのように成長してきたかを語った。

トロロッソとホンダ、そして、レッドブルとのパートナーシップについて質問されたピエール・ガスリーは「スーパーフォーミュラに参戦したとき、人々はレッドブルとホンダがファーストコンタクトを取ったとか、長期契約を結ぶかもしれないとか話し始めた。かなり面白いことだと思ったね」とコメント。

「毎年、いろんなことが起こったし、その時に言われたのが、僕がホンダとのこの関係のファーストピースだということだ」

「本当にクールだし、スーパーフォーミュラで関係を築いていたので本当に嬉しかった。僕たちの背景には本当にクールで強いストーリーがあった。僕たちは最終戦までチャンピオンシップを争っていたけど、台風によって0.5ポイントでそれを逃してしまった」

「本当に様々な感情や多くのことを経験してきたし、彼らがレッドブルと組むのを見るのは嬉しいことだ」

「彼らは一緒に多くの成功を収めていくと確信している。かなりクールなストーリーだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | トロロッソ | ホンダF1