ピエール・ガスリーの2021年12月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 角田裕毅とピエール・ガスリーの最終2戦の舞台裏に密着

2021年12月31日
【動画】 角田裕毅とピエール・ガスリーの最終2戦の舞台裏に密着 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1は、角田裕毅とピエール・ガスリーの最終2戦の舞台裏に密着した動画を公開した。

動画は、第21戦 F1サウジアラビアGPの準備からスタート。アルファタウリのアパレルの紹介動画のメイキングや、グッズにサインをしながら角田裕毅とピエール・ガスリーが『子供は何人ほしい?』『どんな名前をつける?』といった二人の仲の良さを感じさせる会話も。

ピエール・ガスリー 「トップチームに選ばれるF1ドライバーになってみせる」

2021年12月29日
ピエール・ガスリー 「トップチームに選ばれるF1ドライバーになってみせる」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年の印象的な成績はトップチームに空席ができた場合、自分を“明白な選択”として有益であることを示せたと考えている。

2019年にレッドブル・レーシングとのスティントに失敗した後、ピエール・ガスリーは、姉妹チームのアルファタウリ(当時トロロッソ)に降格。それ以来、ファエンツァチームのリードドライバーであり続けている。

ピエール・ガスリー、GP2時代に経験したスポンサー詐欺を回想

2021年12月28日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー、GP2時代に経験したスポンサー詐欺を回想
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、GP2時代にスポンサー詐欺の被害者となったことを明らかにした。

2016年シーズンに先立ち、ピエール・ガスリーは、DAMSから、GP2に初参入したプレマに移籍することを望んでいた。しかし、プレマに加入するには資金が必要だった。

ピエール・ガスリー 「ジョビナッツィがF1を離れるのは寂しい」

2021年12月25日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「ジョビナッツィがF1を離れるのは寂しい」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、仲の良いドライバーのひとりであるアントニオ・ジョビナッツィが2021年でF1パドックを離れることになって寂しいと語る。

アルファロメオF1で3シーズンを過ごしたアントニオ・ジョビナッツィは、2022年に周冠宇にシートを奪われる形でF1を去ることになった。周冠宇は、F2をランキング3位で終えてF1に昇格する。

ピエール・ガスリー 「勝利の感覚に勝るシーズンではなかった」

2021年12月24日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「勝利の感覚に勝るシーズンではなかった」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年シーズンに自己最多ポイントを獲得したが、2020年にモンツァで勝利を達成したときのような感覚をもたらすことはできなかったと語る。

ピエール・ガウリーは、2020年のF1イタリアGPでこれまでで唯一となるF1初勝利を挙げ、アルファタウリにトロロッソとして知られていた2008年のセバスチャン・ベッテル以来となる業績をもたらした。

ピエール・ガスリー 「最後は自分が何と戦っているかも分からなかった」

2021年12月16日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「最後は自分が何と戦っているかも分からなかった」 / F1アブダビGP
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、カオスとなったF1アブダビGPのファイナルラップで自分が何位を争っているのか分からないまま5位入賞を果たしたと語る。

F1アブダビGPでは、F1レースディレクターのマイケル・マシが、ファイナルラップでセーフティカーを撤収し、選択された周回遅れのドライバーだけがアンラップすることを許可されたことで、ドラマと論争が支配した。

ピエール・ガスリー 「最後の年にチャンピオンを獲得したホンダを祝福したい」

2021年12月13日
ピエール・ガスリー 「最後の年にチャンピオンを獲得したホンダを祝福したい」 アルファタウリ・ホンダ F1アブダビGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1アブダビGPを5位でフィニッシュした。

ハードタイヤでスタートしたピエール・ガスリーは、第1スティントを伸ばしてトップ6まで浮上し、レースが落ち着くまで走行を続ける。そして、35周目のバーチャルセーフティカー期間中に少ないタイムロスでミディアムタイヤへ交換する。

ピエール・ガスリー 「今週末は角田裕毅に大きく負けてしまっている」

2021年12月12日
ピエール・ガスリー 「今週末は角田裕毅に大きく負けてしまっている」 アルファタウリ・ホンダ F1アブダビGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1アブダビGPの予選でQ2敗退を喫して12番手だった。

ピエール・ガスリーは残念ながらマシンの問題点が十分に改善されず、決勝12番手からスタートとなった。今週末はすべてのセッションで角田裕毅の後塵を拝しており、予選で初めて角田に負けることになった。

ピエール・ガスリー 「異なることを試したがしっくりきていない」

2021年12月11日
ピエール・ガスリー 「異なることを試したがしっくりきていない」 アルファタウリ・ホンダ F1アブダビGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1アブダビGPの金曜フリー走行を10番手で終えた。

F1アブダビGPの開催地であるヤス・マリーナ・サーキットが施され、2つのシケインが撤去され高速コーナーに変わり、最終セクターに微調整が加わった。

「レイアウトがまるで別物のように変わり、新しいトラックは高速コーナーが多くとても楽しいサーキットになった」とピエール・ガスリー。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム