アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「ジョビナッツィがF1を離れるのは寂しい」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、仲の良いドライバーのひとりであるアントニオ・ジョビナッツィが2021年でF1パドックを離れることになって寂しいと語る。

アルファロメオF1で3シーズンを過ごしたアントニオ・ジョビナッツィは、2022年に周冠宇にシートを奪われる形でF1を去ることになった。周冠宇は、F2をランキング3位で終えてF1に昇格する。

アントニオ・ジョビナッツィのシートは、最後のF1シートだったため、他チームへの移籍はできず、2022年はドラゴン・ペンスキーと契約してフォーミュラEに参戦しながら、フェラーリ/アルファロメオのリザーブドライバーとしてF1への関与は継続する。

アントニオ・ジョビナッツィは、2023年にF1グリッドに戻ることを望んでいる。

ピエール・ガスリーは、アントニオ・ジョビナッツィに別れを告げるのが今だけであることを望んでおり、彼がF1から弾き出されるのを見るのは「本当に悲しい」と語った。

「アントニオ・ジョビナッツィがパドックを離れるのを見るのは本当に悲しい。彼はとてもナイスガイで、とても素晴らしい人だからね」とピエール・ガスリーはファンからの質問に答えた。

ピエール・ガスリーは誰とでもポジティブな関係を築いているが、F1で最も仲がいいドライバーとして、フェラーリのシャルル・ルクレール、アルファタウリのチームメイトである角田裕毅と並んで、アントニオ・ジョビナッツィの名前を挙げた。

「シャルルは明らかパドックでの僕の親友だ」とピエール・ガスリーは語った。

「裕毅は、今シーズン以降、たくさんの時間を一緒に過ごしているし、彼ととても良い関係を築いている」

「僕はほとんどみんなと仲良くしていますが、この3人とは明らかに最も仲がいいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファタウリ