ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、この2日間のヘレステストで悩まされたブレーキング問題が解決することを願っている。

ヴィタリー・ペトロフは、R31のKERSに苦戦し、この2日間それぞれでスピンを喫していた。

しかし、2日目終盤に変更を行ったことで、ヴィタリー・ペトロフは来週のバルセロナテストでは全体的なセットアップ作業に集中できると楽観視している。

「いくつかブレーキに満足できることを見つけられた。僕にとってはとても重要なことだ」とヴィタリー・ペトロフはコメント。

「KERSを使うのは初めてなので、そのエリアでの作業に多くの時間を費やした」

「正しいセットアップを見つけるのがとても難しかった。KERSによって昨年とはとても異なっている。まずブレーキを踏むと、リアがすぐにロックしてしまう」

「僕たちはプッシュしたし、今日は正しい方法で行えた。最後に出ていったときはブレーキをチェックしていた。今はバルセロナでうまく働いてくれることを願っている」

ロータス・ルノーGPは午後にフルレース距離を走る予定だったが、ペトロフ曰く「流体リーク」によりチームは多くの時間を失った。しかし、ヴィタリー・ペトロフは2日間の作業量に満足していると語る。

「僕たちにとってはポジティブだったし、多くの問題を解決し、マシンについて多くのことを理解することができた」

「バルセロナではきちんとしたテストができると思う」

関連:
F1ヘレステスト2日目:ミハエル・シューマッハがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ヴィタリー・ペトロフ / ルノー