ヴィタリー・ペトロフの2010年12月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフ Q&A:ルノーとの契約延長と2011年の抱負

2010年12月23日
ヴィタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGPとの契約を延長したヴィタリー・ペトロフが、2011年への抱負を語った。

ヴィタリー、ロータス・ルノーGPの発表を受け、どうような気分ですか?
最高な気分だ。今年はとても多くのことを学んだし、2011年はもっと強くなれると思っている。このチームの一員であることをとても誇りに思っているし、彼らが僕に示してくれた信頼に応えたい。

ロータス・ルノーGP、ヴィタリー・ペトロフと2年契約

2010年12月23日
ヴィタリー・ペトロフ
ロータス・ルノーGPは、ヴィタリー・ペトロフと新たに2年契約を結んだことを発表した。

ルノーのチーム代表エリック・ブーリエは、ヴィタリー・ペトロフの2011年の成長に期待していると語る。

「ヴィタリーが2011年と2012年にチームに残留することを発表できて非常に嬉しく思う。彼とチームの両方が有望だった2010年の活動を基礎にすることができる」とエリック・ブーリエはコメント。

ヴィタリー・ペトロフ、2011年と2012年の計画を22日に発表

2010年12月18日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネジメントは、22日(水)に記者会見を行うことを明らかにした。

ヴィタリー・ペトロフの公式サイトに掲載された招待状によると記者会見は、12月22日(水)にPress Center of Television and Radio Russiaで行われる。

ヴィタリー・ペトロフは、2011年もロバート・クビサのチームメイトとしてロータス・ルノーGPに残留するというのが大方の見解。

ヴィタリー・ペトロフ、ロータス・ルノーGPでのF1残留が濃厚

2010年12月9日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、ロータス・ルノーGPで2011年もF1に留まる可能性が高そうだ。

ルノーは、ヴィタリー・ペトロフの起用によってフラグマン・ウォッカ、自動車メーカーのラーダといったロシアのスポンサーから利益を得てきた。

マレーシアのベルナマ通信などによると、グループ・ロータスの親会社であるプロトンは、ルノーF1チームの買収により「ジェニイが所有する自動車マーケットとテクノロジーから」も「大きな利益を得る」と報道。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム