セルジオ・ペレス 「F1メディアは反メキシコ感情を持っている」
セルジオ・ペレスは、反メキシコ感情が2022年の彼のパフォーマンスに対する最近の批判の波の背後にあると疑っている。

F1シンガポールGPでグアダラハラ出身のセルジオ・ペレスは、2022年のモナコでの勝利にシンガポールの湿気の多いストリートでの勝利を追加。それが批判を黙らせることを望んでいると語った。

「この勝利は僕にとって本当に特別なものです。なぜなら、ここ数レースで少しラフなパッチがあったからね」とセルジオ・ペレスは語った。

過去数か月の物語は、レッドブル・レーシングのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンが世界選手権で支配的なグリップを確立した一方で、セルジオ・ペレスはレッドブルのマシン開発の方向性に苦しんでいると盛んに報じられた。

しかし、セルジオ・ペレスは、メディアが5月に署名された2023年と2024年の契約延長から抜け出す方法をレッドブルに見つけさせようとしてその物語につながったと語る。

「明らかに、F1のメディアはそれを大きくしている。おそらく僕がメキシコ人だからだ。2レース連続で表彰台に上がれなければ、史上最悪のシーズンを過ごしていることになって、レッドブルは僕を外すべきだなどと騒ぎ立てる」

「だから、勝利を収めて、僕がどれほど優れているかを誰かに思い出させることができてうれしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル