セルジオ・ペレス、アイアン・メイデンのツアーTシャツに登場 / F1
レッドブルのF1ドライバーであるセルジオ・ペレスが、英国のヘヴィメタルバンド「アイアン・メイデン(IRON MAIDEN)」の現在のワールドツアーの新しいツアーTシャツに登場した。

現在、アイアン・メイデンは、新型コロナウイルスのパンデミックによって2020 年の初めに延期された“Legacy of the Beast”ワールド ツアーの第2部に着手している。

ここ数週間、アイアン・メイデンは、ラテンアメリカ、南アメリカ、北アメリカを舞台にした2022年のツアーのセカンドレグに入っている。

9月7日(水)、アイアン・メイデンはメキシコシティのF1会場であるエルマノス・ロドリゲスのトラックの“フォロ・ソル”スタジアム セクションでショーを行った。

このイベントを記念して、アイアン・メイデンは、F1にインスパイアされたテーマをフィーチャーした限定ツアーTシャツをリリースした。

バンドの有名なマスコットであるエディ・ザ・ヘッドのさまざまな化身が運転する多数のF1カーがデザインされたTシャルには、3回のグランプリウィナーであるメキシコ出身のセルジオ・ペレスが2台目の車のドライバーとして登場する。

アイアン・メイデンとモータースポーツが衝突したのはこれが初めてではない。

バンドの『Trooper Beer(トルーパー・ビール)』ブランドは、マン島TTで9回優勝した ピーター・ヒックマン の長年のスポンサーを務めている。この提携は 2015 年に始まり、それ以来、Trooper Beer ブランドは TT のスーパースポーツ クラスでヒックマンのスポンサーを続けている。

この結果、ピーター・ヒックマンは、2017 年のアイアン・メイデンの“Book of Souls”ワールド ツアーと 2018 年の“Legacy of the Beast”ツアーの UK版のTシャツに登場している。
ツーリングカーのエースであるアンソニー・リードも、数年前にイギリスで開催されたフォルクスワーゲン・ファンカップで、Trooper Beerが支援する車を走らせた。

アイアン・メイデンは、メキシコを巡る旅の間、定期的にヘルマノス・ロドリゲスのサーキットでプレーしてきたが、何年にもわたって他のレーストラックでもプレーしてきた。

2014年にはドイツのニュルブルクリンクで開催されたRock am Ring フェスティバルのヘッドライナーを務め、2008年の Somewhere Back In Time ワールド ツアーでは、MotoGP のオランダグランプリ会場であるアッセンで屋外ショーを行った。

また、スーパーバイクをテーマにした特別なTシャツも作っている。1990年代、バンドはポール・リカールで開催されたボルドールのバイク耐久レースで音楽活動の主役を務めた。

長年バンドのギタリストであるエイドリアン・スミスも熱狂的な F1ファンであり、過去にルノーのゲストとしてグランプリを何度か訪れている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル