レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「DNFがなければフェルスタッペンにもっと迫っていた」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるセルジオ・ペレスは、2022年の最初の13レースで3回のDNDがなければ、ドライバーズチャンピオンシップでチームメイトのマックス・フェルスタッペンにもっと迫っていたと感じている。

現在、セルジオ・ペレスは、フェラーリのシャルル・ルクレールからわずか5ポイント差のランキング3位につけている。しかし、残り9戦でチームメイトでチャンピオンシップ首位のマックス・フェルスタッペンからは85ポイント差がついている。

セルジオ・ペレスは、開幕戦F1バーレーンGPで燃料システムの問題によって完走できず、F1カナダGPではギアボックスの油圧系の問題でリタイア。F1オーストリアGPでは、事故によるマシン損傷により、24周目にリタイアしている。

F1モナコGPで優勝し、他に5回の表彰台を獲得したセルジオ・ペレスだが、マックス・フェルスタッペンは今年すでに8勝を挙げている。

「まだシーズンは非常に長い。チャンピオンシップではすべてがオープンだ」とセルジオ・ペレスはメディアに語った。

「シーズン前半で本当に苦しだのは、正直に言うとDNFだ。それらのDNFがなければ、僕チャンピオンシップは現在のものとは大きく異なって見えただろう」

「全体として、このハーフシーズンから多くのポジティブなものが得られると思う」

「シーズン前半はとても良かったと思う。非常に完成度が高く、良いレースをまとめて、良い結果を出し、もちろん良い一貫性を保っている」

ドライバーズタイトルだけでなく、コンストラクターズチャンピオンシップも検討する必要がある。現在、レッドブル・レーシングは、フェラーリを97ポイントリードしている。それでもセルジオ・ペレスと彼のチームが満足できるほどではない。

「僕たちはプッシュし続けなければならない」とセルジオ・ペレスは語った。

「フェラーリはここ数レースで僕たちより少し速かったので、ハードにプッシュし続けなければならない。何でも起こり得る」

「僕たちが戻った後、シーズンは非常に早く始まるだろう。だから、夏休みの後、3~4レース後にすべてがどうなるかを見てみるつもりだ」

「それまでにギャップを縮められることを願っている」

レッドブル・レーシング F1 セルジオ・ペレス

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル