レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「新世代F1マシンについて結論を出すのは時期尚早」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるセルジオ・ペレスは、F1が2022年の新世代F1マシンについて結論を出すのは時期尚早だと考えている。

2022年シーズンの開幕以来、グランドエフェクト効果の副作用として車はストレートでバンシングしている。ダウンフォースを最大化するために新世代F1マシンは、はるかに地面に近い低さで走っており、以前よりもサスペンションのセットアップは硬く、一部のドライバーからの苦情に繋がっている。

メルセデスF1は、ポーパシング/バウンシングの問題について声を挙げてきたチームであり、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルが現況の安全性に疑問を投げかけている。

最近のF1カナダグランプリの前に、FIA(国際自動車連盟)は、ポーパシングを最小限に抑えるために技術指令を発行。事実上、モントリオールはデータ収集の週末として使用された。

レッドブル・レーシングはFIAの決定に批判的であり、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは彼のチームはバウンシングに苦しんでいないと主張した。

F1が新しいレギュレーションで間違った方向に進んだかと思うかと質問されたセルジオ・ペレスは「このレギュレーションを判断するのはまだ時期尚早だと思う」とコメント。

「それらは良いレースをもたらしていると思う。近くで追うことができるのは確かだ。欠点は、僕たちが経験しているバウンシングだと思う」

「でも、僕たち新しい時代を始めたばかりなので、新しいレギュレーションと折り合いをつけることに時間を割く必要がある。問題はないと思う」

レッドブル・レーシングは、2022年のキャンペーン開始時のペースが速いため、F1レギュレーションの変更に反対していると主張する人もいる。

フェラーリのF1マシンは、特にカルロス・サインツのガレージ側で、時折ストレートで大きくバンシングしているがが、ペースは妨げられていない。

カルロス・サインツは、FIAがドライバーからの苦情を受けて行動を起こすことを選択した速さに驚いたことを認めている。

「FIAは、過去数週間に彼らと行った会話とドライバーの不満に間違いなく耳を傾けてきた」とカルロス・サインツは語った。

「正直なところ、こんなに早い反応や早い行動は期待していなかった。なぜなら、将来これらの車をより良くするために僕たちが取るべき行動の詳細を本気で調べる必要があると思うからだ」

「ドライバーにとってもう少し良性になるように適切な行動をとってほしい。でも、これらのルールがどのようになっていくか見てみまよう。誰もができるだけ低く走らせようとしているので、それらはグリッドのほぼすべてのチームに影響を及ぼし始めると思う」

「でも、それが実際にすべての人にどのように影響するか、それがどのように進行するかを確認することに興味がある」

セルジオ・ペレス F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル