F1:セルジオ・ペレス 「赤旗を出したドライバーは罰せられるべき」
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、F1エミリア・ロマーニャGPの予選で5回の赤旗が出たことを振り返り、中断を引き起こしたドライバーは罰せられるべきだと呼びかけた。

金曜日の午後にウェットコンディションで行われたエミリア・ロマーニャGPは、記録的な5回の赤旗が出た。以前の記録は、以前の記録は、2016年ハンガリーGPと2021年のアゼルバイジャンGPでのレースで4回だった。

エミリア・ロマーニャGPでは、Q1でアレクサンダー・アルボンの右リアブレーキが爆発。Q2でカルロス・サインツがクラッシュ、Q3ではケビン・マグヌッセンがグラベルを横切ってスピン、バルテリ。ボッタスが技術的な問題でストップ、ランド・ノリスがバリアにクラッシュした。

赤旗を出したドライバーは後続のドライバーのアタックを妨げり、ランド・ノリスとケビン・マグヌッセンの両方がセルジオ・ペレスの前のグリッドになるぶことになった。ペレスはそれは不公平だと語る。

「赤旗が続出したことでかなり激しかったと思う。ドライバーがミスをして赤旗を出した場合、何らかの形でペナルティを科せられるべきだと思うのし、ルールを見直す必要があると思う」とセルジオ・ペレスは語った。

「モナコのような他のトラックやそのような場所に行くとき、それは実際にアドバンテージになる可能性があるし、ミスを犯してもポールにいる可能性があるので、レビューした方がいいと思う」

「ランドがミスを犯したことは分かっている。僕もミスをしたことのあるドライバーの一人だ。今後は、ミスを犯した場合に必ずその代償を払ってもらうことになってもいいと思う」

昨シーズン、シャルル・ルクレールは最終ラップでクラッシュしたにもかかわらず、モナコGPのポールポジションを獲得しました。

シャルル・ルクレールのアクシデントによって、彼の後ろにいたドライバーは最後のアタックラップを完了することができず、ポールポジションに挑戦することができなかった。

当時、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レギュレーションの変更を求めていた。

「米国でルールがそうなっているのは知らなかったが、混乱を避けるためのインテリジェントなルールだと思う」

「シャルルが故意にウォールにぶつかったとは思っていない。リスクがあまりに多いからね」

「しかし、それを確認することはちょっとしたインセンティブになるだろう。そのような状況が論争を引き起こすのは疑問の余地がない、誰もそれを疑っていないので起こっていないだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル