レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「2022年はフェルスタッペのタイトルに挑戦したい」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、2022年にマックス・フェルスタッペンの“ウィングマイン”になることは望んでおらず、代わりにチームメイトのタイトルに挑戦すると語る。

2021年にアレクサンダー・アルボンの代わりにレッドブルF1に加入したセルジオ・ペレスは、初年度はレッドブルF1のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンのバックアップドライバーだった。

しかし、2011年からF1にいるセルジオ・ペレスは経験が不足しているわけではない。1年間、レッドブルF1への適応に時間をかけたペレスは、今年、タイトルに挑戦できると感じている。

もちろん、レッドブルF1がそれについて考えるのは別の問題だ。マックス・フェルスタッペンは、物議を醸すF1アブダビGPでルイス・ハミルトンから王座を奪い取り、7年間のメルセデスの支配を終えた主人公だ。

「来シーズン(2022年)は自分自身でワールドチャンピオンを争いたい」とセルジオ・ペレスはThe Edgeで語った。

「僕たちは新しいルールを始める。新しいマシンで、僕たち全員がゼロから始める。そこにたどり着くことが僕にとってメインのことだ」

もちろん、2022年のキャンペーンのスタートは、1月の後半に32歳になるセルジオ・ペレスがドライバーズタイトル争いにとって重要となる。

早い段階でのその立場を失うわけにはいかないが、セルジオ・ペレスがチームと統合した方法は、昨年のF1アゼルバイジャンGPでのレッドブルF1との初勝利を含めて2つのグランプリを獲得しているペレスに少なくともある程度の希望を与えている。

「僕がここにいるのは、自分がワールドチャンピオンになることができると完全に信じているからであり、チームと一緒に仕事をすることを楽しんでいるからだ。契約を延長してくれたレッドブルにとても感謝している」とセルジオ・ペレスは語った。

「僕はチーム、このグループの人々、エンジニア、レッドブルのカルチャー、ブランド自体と一緒に仕事をすることを本当に楽しんでいる。レッドブルは巨大なブランドだ」

「他チームで慣れていたものと比べると大変な作業だけど、本当にその大きな一員だと感じている。マックス、レースエンジニア、そしてチーム全体と素晴らしい仕事をしている」

「僕にとって、キャリアのこの段階で最も重要なのは、それを楽しむことだと思う。それを楽しんでいないときは、僕が家に帰らなければならないときだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / マックス・フェルスタッペン