レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「レッドブル・レーシングはクリスチャン・ホーナーにとって“人生”」
セルジオ・ペレスは、チームとの初年度にレッドブル・レーシングがチーム代表のクリスチャン・ホーナーにとって“人生”であることに気づいたと語る。

クリスチャン・ホーナーは、2005年にレッドブル・レーシングがF1に参戦して以来、チーム代表を務めている。2010年から2013年にはダブルタイトルを4連覇したが、2021年はこれまで以上に脚光を集めた。

レッドブル・レーシングとドライバーのマックス・フェウスタッペンが、メルセデスとルイス・ハミルトンと戦っているなかで、クリスチャン・ホーナーは、ライバルについてしばしばメディアに発言して見出しを作った。

それらの発言の多くは、ライバルであるメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフに関するものであり、2人の舌戦はシーズンが進むにつれてさらに激しくなっていった。

元F1ワールドチャンピオンは、二人の衝突はリアルなものだとは思っていないとし、メディアの効果にとって誇張された確執だと考えている。

「実際、あれは見せ掛けのものだと思う。彼らはあれを装っていたと思う」とデイモン・ヒルは語った。

「あのようなに2つの陣営に分かれているのはとても悲しいことだ。彼らは両方ともすべてのプレッシャー、すべて同じまたは同じような経験をしてきている。勝利、敗北、そして、ライバル関係などを彼らは経験している」

「しかし、彼らはそれを一緒に共有することはできない。私が何を言っているかわかるだろうか? いつか戦争が終わったとき、おそらく彼らは一緒にお茶を飲むことができるだろう」

しかし、レッドブル・レーシングでの初シーズンを通してクリスチャン・ホーナーと話し合ってきたセルジオ・ペレスは、デイモン・ヒルの見解を否定する。

セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングはクリスチャン・ホーナーの“人生”であり、チームが成功するために“すべて”を注いでおり、時には非常に情熱的になると語る。

そして、セルジオ・はその情熱を見ることを楽しんでおり、他の人はホーナーの行動に批判的だったが、それはスポーツにとっても良いことだと考えている。

「まあ、僕たちはかなりそのような状況にいたと思う」とセルジオ・ペレスは語った。

「メルセデスは僕たちのメインの競争相手だ。トトのことは分からないし、彼がどのように仕事をしているかなどは分からない。でも、クリスチャンに関して言えば、レッドブル・レーシングは彼の人生だ。それがすべてだ。彼はチームにすべてを与えている。彼はとても情熱的になるし、それを見るのは素晴らしいことだと思う」

「このスポーツは個性のあるドライバーを見るのが素晴らしい。個性のあるチームのボスを見るのは素晴らしいことだ。結局、それはスポーツの一部だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル