F1:セルジオ・ペレス、スポンサーを相手取った裁判で勝訴
レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、スポンサーを相手取った裁判で勝訴した。

セルジオ・ペレスの地元メキシコの Reforma よると、セルジオ・ペレスのマネジメント陣は、民間子会社のMGI AsistenciaIntegralを通じてメキシコに本社をおく国営石油企業ペメックス(Pemex)を訴えた。

セルジオ・ペレス側は、レーシング・ポイントにペレスが所属していた再、ペメックスがF1スポンサー契約を終了したことによって数百万の債務を負ったと連邦裁判所で主張していた。

裁判所は、280万ドル(約3億1300万円)と利息の補償を命じた。

メディアの報道によると、ペメックスは、政権交代と「その他の支出の優先順位」に続いてF1のコースを変更したと主張した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1スポンサー