レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「1年契約が追加のプレッシャーになることはない」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダとの契約がこれまで2回とも1年契約であることによって追加のプレッシャーがかかることはないと主張する。

フォース・インディア/レーシング・ポイントで7年間過ごした後、セルジオ・ペレスは2021年にアレクサンダーア・アルボンの後任としてレッドブル・ホンダに移籍。トップチームで選手権を戦うチャンスを掴んだ。

2013年にマクラーレンで1シーズン後に放出されたときよりも、セルジオ・ペレスはこの機会をより多く成功させている。F1アゼルバイジャンGPで優勝したペレスは、チームとの2シーズン目の契約を確保するに十分な成果を上げた。

だが、2017年にメルセデスF1に加入したバルテリ・ボッタスのケースと同じように、1年契約であるセルジオ・ペレスは、次のシーズンも続投する価値があることを示すために毎年自分自身を証明しなければならない。

だが、セルジオ・ペレスは、1年契約が、少なくともより大きな雇用保障を提供する複数年契約よりもストレスを生み出すとの見方を否定。

「実際、私にとってそこはそれほど重要ではない」とセルジオ・ペレスは語った。

「ポケットに複数年契約がある場合でも、ドライバーとして毎週末に結果を出す必要があるし、常にそれを示すようにプレッシャーがかかっている」

「正直言って、考えてさえいない。そうあるべきではない。『複数年の契約を結んでいるのでかなりリラックスできる』と思うなら、それは間違っているだろう。その考え方では、僕はおそらくここにいなかっただろう」

セルジオ・ペレスとレッドブル・ホンダとの2年目の契約は、F1ベルギーGPの直前に確認されたが、その数週間前から正式なものであったことをペレスは明らかにしている。

「公平であるために、クリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコは、その数レース前に他のどこかを検討しなくてもいいと話してくれた」とセルジオ・ペレスはコメント。

「彼らは僕に満足しているし、続けたいと思っている。同じことが僕にも当てはまるので、状況はかなり明確だった」

「また、僕たちはこの短い時間で多くの相互信頼を築いてきた。彼らが僕に何かを言うとき、僕はクリスチャンとヘルムートを完全に信じているし、それらに頼ることができる。その点で、来年は心配していない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1