レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「チームとの新契約交渉が長くかかならないことを望む」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、チームと強力な関係を築き始めていることで、新たな契約についての交渉が“スムーズに進み”“長くかからない”ことを望んでいると語る。

本来であれば、セルジオ・ペレスは今年アストンマーティンF1で走っているはずだった。だが、チームはセバスチャン・ベッテルを起用するために、2022年まで締結されていたペレスの契約の終了条項を行使。ペレスはチームを追われることになった。

だが、マックス・フェルスタッペンの適切なチームメイトを探していたレッドブルF1は、アレクサンダー・アルボンと交代でセルジオ・ペレスと2021年に1年契約を締結。

セルジオ・ペレスは、F1アゼルバイジャンGPで移籍後初勝利を挙げ、続くF1フランスGPでも表彰台を獲得することでレッドブル・ホンダがコンストラクターズ選手権でメルセデスに37ポイント差を築くことに貢献。レッドブルの信頼に応えている。

ピエール・ガスリー、アレクサンダー・アルボンが、マックス・フェルスタッペンと一緒にメルセデスを相手に戦うことに失敗した後、セルジオ・ペレスのそのパフォーマンスは今シーズン以降もチームに残留するとの提案に繋がっている。

セルジオ・ペレスは、忙しいスケジュールを考えると、現在、新しい契約について話し合うのは適切な時期ではないと感じているが、話し合いが自然に行われ、長くはかからないことを望んでいると述べた。

「現在、僕たちは3連戦でとても忙しいけど、それについて話すことができるダウンタイムがいくらかある」とセルジオ・ペレスは語った。

「それほど長くはかからないことを願っている。あまり長くかかることに良い経験がないからね」

「でも、自然なこととしてそれを見ている。チームで快適になり、彼らと仕事をして、チームがあなたと一緒に仕事をするようになったら、当然それは非常にスムーズに起こるはずだ」

「シーズンの力を奪うことになるし、適切なものに集中する必要がある」

セルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンが先週の日曜日のF1フランスGPで優勝するのを助ける上で重要な役割を果たし、メルセデスがマックス・フェルスタッペンをカバーするために戦略を分割するのを防いだ。

マックス・フェルスタッペンは、セルジオ・ペレスとの仕事はうまくいっており、彼がレッドブルに残留すればうれしいと語る。

「すべてが本当にうまくいっている」とマックス・フェルスタッペンは語った

「もちろん、以前からチェコのことは知っていたけど、チームメイトとしては知らなかった。もちろん、それは常に少し異なる」

「これまでのところ、上位で協力してチームに最高の結果をもたらすことができているのは素晴らしいことだし、それが望んでいることだ。それを続けたいと思っているのは確かだ。彼は素晴らしいチームメイトであり、僕たちはたくさんの楽しみを持つことができる」

セルジオ・ペレスは今年の7レースで84ポイントを獲得し、F1ドライバーズ選手権で3位につけている。比較すると、アレクサンダー・アルボンは2020年の17戦のシーズン全体で105ポイントを獲得した。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルのより競争力のあるマシンも、今年のショーの改善とメルセデスへの脅威の増大の重要な要因であると感じているが、2人のドライバーが前上位で戦えることの重要性を強調した。

「以前は、彼らと戦うためのクルマもなかったので、やりたいことができなかった。3ストップを行ったとしても、何も変わらなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「今、僕たち本当に彼らと戦うためのクルマを持っている、そしてもちろん、2台のクルマでそこにいることは非常に重要だ。それはまさに僕たちがバクーとポール・リカールで今やっていることだ」

「年末までこれを維持することはコンストラクターズのためにも重要になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1