レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンと戦ってはいけないという条項はない」
セルジオ・ペレスは、レッドブルF1との契約にはマックス・フェルスタッペンの“セカンドドライバー”を務めるという条項はなく、自由に戦うことができると語った。

セルジオ・ペレスは、ドライバーズ選手権でマックス・フェルスタッペンやルイス・ハミルトンと戦っているわけではないが、7戦を終えてコンストラクターズ選手権でレッドブル・ホンダがメルセデスに37ポイント差をつける上で重要な役割を果たしてきた。

マックス・フェルスタッペンが劇的なスタイルでF1アゼルバイジャンGPでクラッシュしたとき、セルジオ・ペレスはレッドブル移籍後初の勝利で掴むためにそこにいた。そして、続くF1フランスGPでも再び表彰台を獲得した。

マックス・フェルスタッペンがレッドブルF1のゴールデンボースであることは疑いの余地のなく、セルジオ・ペレスが彼の新しいチームでどれだけのことをすることが許されるかについて疑問があった。だが、セルジオ・ペレスは現時点では、制限を受けていないと述べた。

「僕の契約には、マックスと戦うことが許可されていないという条項はない」とセルジオ・ペレスは RacingNews365 に語った。

「チームは、ガレージの両側が完全にサポートされていることをすでに示している。そして、チームの信頼が高まり、レッドブルが僕たち二人がうまくいっていることをより頻繁に見れば見るほど、ガレージの両側でより多くの自信を得ることができる」

「現時点では、僕たちは非常にうまく協力している。まだ長い道のりがある。だから、僕はとにかく集中して、自分自身を改善する必要がある。そうすれば、どこまで到達できるかがわかる」

セルジオ・ペレスは続けて、マックス・フェルスタッペンとは良好な関係を築いており、メルセデスにプレッシャーをかけ続けようとしている2人の間で情報が自由に流れていると語った。

「マックスには非常に感銘を受けている」とセルジオ・ペレスは付け加えました。

「彼トラックでのパフォーマンスについては、すでに言われていない以外に言えることはない」

「最近のフェルスタッペンがどれほど優れていて完全であるかは誰もが知っている。彼はチームで多くの経験を持っている。彼が長い間ここにいると言うことができる」

「マックスは正しいことに焦点を合わせており、マシンに関しても多くの情報を互いに共有している」

「僕たちはお互いにプッシュし、マシンから離れても彼はとてもリラックスしている。僕たちはとても良い関係を築いている」

「レースに勝つべきだったバクーでも、レース後に彼が表彰台にきたときにそれを目にしたと思う。このチームがどれだけ近いかを示したと思い」

セルジオ・ペレスがレッドブルで“ウィングマン”の役割を果たすかどうかについては、自分を単純に二次的な役割として定義するのは時期尚早だと語る。

「それに関してはまだ時期尚早だ。僕たちは7戦を完了しただけだ。僕たちは週末ごとにパフォーマンスを維持して、できるだけ多くのポイントを獲得する必要がある」

「これからレースはまだたくさんある。もちろん、コンストラクターズ選手権でも優勝したいと思っている。だから、僕たちは一生懸命働いていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン