レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「自分が何を求められているかは分かっている」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、自分に何を求められているかは分かっており、できるだけ早く期待されたレベルに到達するためにどのようなステップを果たす必要があるかを自己分析した。

今年、アレクサンダー・アルボンの後任としてレッドブル・ホンダF1に迎えられたセルジオ・ペレスは、開幕戦ではピットレーンスタートから5位入賞という有望な結果を出したが、2番グリッドからスタートした第2戦ではいくつかのミスによって表彰台のチャンスを失ってノーポイントでレースを終えた。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「予選後はすべて本当に良さそうだった。突然、どこからともなく、彼はその日の2番目に良いタイムを出した」と ServusTV で勝った。

「我々全員が日曜日に完璧な走りをしてくれると思っていた。彼は、マックスのようにタイヤの温度にすぐに上げることができなかったと思う。だから、11位はもちろん本当に悩ましいことだ」

レッドブル・ホンダF1との開幕2戦を振り返ったセルジオ・ペレスは、今年、非常に競争力のあるマシンを手にしているにも関わらず、マックス・フェルスタッペンのレベルに到達できていない自分に憤りを感じていると語る。

「今の僕にとってマシンを自分のものにすることが非常に重要だ」とセルジオ・ペレスは自身のYoutubeチャンネルで語った。

「マシンを快適に感じる必要がある。でも、今は多くのことを考えなければならない状態だ。今、僕たちに非常に競争力のあるマシンがあることは分かっているので、すぐにでも進歩できることを心から願っている。僕はそのレベルにいなければならない」

セルジオ・ペレスは、今年のレッドブル・ホンダF1はタイトルに挑戦するに値するマシンを持っていると語る。

「レッドブル・レーシングに到着すれば、すぐになぜ彼らがそれほど成功しているのかが分かる。クリスチャン(ホーナー)、エイドリアン(ニューウェイ)、(ヘルムート)マルコ、チーム全体まで、それがどのように構成されているかが分かる。非常に強力で、彼らは本当に素晴らしいことを成し遂げることができる」

「僕にとって大きなチャンスだ。とにかく大きな一歩を踏み出している。自分のどこが欠けているのかを分かっているし、本来あるべきレベルにもっと近づくことができるように何を改善できるかは理解している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1