レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「まだドライビングスタイルを調整する必要がある」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダとの初レースを終え、まだF1マシンに慣れているところであり、自分のドライビングスタイルを調整する必要があると認める。

F1バーレーンGPでは、予選Q2でミディアムタイヤに苦戦して11番手で終え、決勝ではフォーメーションラップでマシンがシャットダウンする問題が発生し、ピットレーンスタートを余儀なくされたセルジオ・ペレス。それでも持ち前のレース巧者ぶりを発揮して5位でレースをフィニッシュしている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスがバーレーン・インターナショナル・サーキットのいくつかの場所、特にターン1でチームメイトのマックス・フェルスタッペンに負けていたことを明かしている。

セルジオ・ペレスは、問題のいくつかはまだレッドブル・ホンダのF1マシンに合わせてドライビングスタイルを調整する必要があることに起因していると指摘する。

「ネガティブだったのは、2つのコーナーでタイムを失っていたことだ」とセルジオ・ペレスは語った。

「でも、ここでは風向きがが変化しており、シングルラップだけを考えれば、その進歩を遂げるのは簡単ではなかった」

「それでも、風は常に変化していたけど、僕たちはその点に関して進歩が遂げた。

「マシンを運転する方法に関連するいくつかの特定の問題がある。自分のドライビンングをマシンに合わせなければならない」
「まず、マシンの運転に必要な方法で運転していることを確認して、そこからそれに取り組む必要がある」

「でも、僕が慣れているものとは非常に異なっているので時間がかかる」

セルジオ・ペレスは、ピットレーンのスタートから挽回しようとした際のレースでの自分の強いフォームに勇気づけられたと語った。

「レースペースが強かったことはポジティブだ。でも、まだ合わせ込んでいることはたくさんある」とセルジオ・ペレスは付け加えた。

「すべてがまとまった瞬間、僕たちはかなり強くなると思う。

「僕たちは堅実でなけならないし、ペースを適切に達成する必要がある。ペースはかなり良いはずだ」

「僕のレースは決して落ち着いたものではなかった。僕はラップが不足しているし、その点ではずっと時間との戦いになる」

「でも、マシンを理解するのは楽しかったし、少しずつ互いを感じ始めているので、その点で満足している」

「なんとか走行距離を重ねることができたという事実だけで嬉しかった。Q3を逃したことで実際に進行が本当に遅れていた。それこ本当に残念だ。予選を最大化できなかったけど、物事はラップごとにもう少し合ってき始めている」

「最も重要なことは、なんとか走行距離を積み重ねることができたことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1