レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「期待された以上の結果を出す」
レッドブルF1の新加入したセルジオ・ペレスは、チームとの最初のF1シーズンとなる2021年に“期待以上の結果を出す”ことを約束した。

アストンマーティンがセバスチャン・ベッテルと契約したことでF1シートを失ったセルジオ・ペレスだが、結果として2021年にトップチームの一角であるレッドブル・ホンダのF1シートを手に入れた。

2020年に傑出したシーズンを過ごしたセルジオ・ペレスは、F1サヒールGPでF1初勝利を挙げ、ドライバーズランキング4位というキャリアベストの結果を出している。そのパフォーマンスはアレクサンダー・アルボンに代えて、レッドブル外からドライバーを連れてくるという決断をチームに促した。

先週、レッドブルのミルトンキーンズのレッドブルのファクトリーを初めて訪れ、新しいチームに慣れ、RB16Bのシート合わせを完了させたセルジオ・ペレスは、ようやく手に入れた待望のトップチームのF1マシンを運転するチャンスを最大限に活用していうくと語る。

「僕は常に最大限の努力をしてきたし、昨年はようやくそれを少し見せることができるマシンを手に入れ、人々は僕ができることを目にした。でも、今が僕の大きなチャンスだ」とセルジオ・ペレスは語った。

「僕はすべての面で次のステップに進まなければならないし、その準備ができていると思う。僕に欠けていたのはその機会だけだった。今、僕にはそれがある。それを機能させるのは僕次第だ」

「確実に期待された以上の結果を出すつもりだ。チャンピオンシップに勝てるマシンがあれば、僕たちは必ず勝てる。そうでなければ、3位に十分なマシンしかないとしても。2位でフィニッシュできるように頑張るつもりだ」

「本当に良いシーズンになることを願っている。それが、(ディートリッヒ)マテシッツ氏、(ヘルムート)マルコ博士、クリスチャン(ホーナー)、エイドリアン(ニューウェイ)、そしてチーム全員に恩返しできる唯一の方法だ」

「これまで誰も僕にビッグチームに参加する機会を与えてくれなかった。来年はメキシコの国歌を何度も聞くつもりだ」

今月後半に31歳になるセルジオ・ペレスは、これまでのF1キャリアの中で最高のシーズンを迎えた後、彼の“夢”への移籍は完璧な時期に来たと確信している。

「F1のすべてのチームの中で、僕はジュニアプログラムに参加していなかったので、参加するチャンスはないと思ったけど、機会が訪れたときにそれを掴んだ」とセルジオ・ペレスは説明しました。

「夢の実現だ。レッドブルのシャツを着たり、缶を飲んだりすると、『すごい、これが僕がドライブするブランドだ!』と思う。それは驚くべきことであり、想像するのは難しい」

「これは、15年以上にわたって僕が一生懸命働いてきた機会だ。適切な時期に来たと思う。準備はできているので、両手で掴み取るつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1