F1:セルジオ・ペレス、セバスチャン・ベッテルとヘルメットを交換
セルジオ・ペレスが、セバスチャン・ベッテルとヘルメットを交換したことを自身のSNSで明らかにした。

今年ランキング4位で終えたセルジオ・ペレスだが、レーシング・ポイントはアストンマーティンへとブランドを変更する2021年にセバスチャン・ベッテルを起用することを決断。7年間所属していたチームを離れることになった。

セバスチャン・ベッテルにシートを奪われる形になったセルジオ・ペレスだが、2020年のF1世界選手権が閉幕したF1アブダビGP後、ヘルメットを交換したことをSNSで公開。

F1ドライバーはしばしばお互いのリスペクトの証としてライバルとヘルメットを交換する。

セルジオ・ペレスは「仲の良い友人とヘルメットを交換した!」とコメントを添えた。

まだ2021年の去就が決定していないセルジオ・ペレスだが、複数の情報筋はレッドブル・ホンダがペレスの起用を決断し、今週にも発表されると報じている。それが実現すれば、ペレスにとってはステップアップとなるかもしれない。

セルジオ・ペレスとセバスチャン・ベッテル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / セバスチャン・ベッテル / ヘルメット / レーシングポイント / アストンマーティン