セルジオ・ペレス 「放出は発表の数時間前に電話で伝えられた」 / レーシング・ポイントF1
セルジオ・ペレスは、レーシング・ポイントF1を今シーズン限りで放出されることを9月9日(水)夜の発表の数時間前まで「誰も何も教えてくれなかった」と明かした。

セルジオ・ペレスは9日(水)にソーシャルメディアを介して、2020年シーズン限りでフォース・インディア時代から7年間をともに過ごしてきたチームを離れることを発表した。

翌日の9月10日(木)の朝、レーシング・ポイントは4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが、アストンマーティンF1へと名前を変える2021年のタイミングでセルジオ・ペレスの後任として加入することを発表した。

セルジオ・ペレスは、2019年にレーシング・ポイントと2021年末まで有効な3年間契約を締結しており、先月、チームとの将来を確信していると語っていた。

しかし、セルジオ・ペレスは9日(水)に初めてチームオーナーであるローレンス・ストロールからの電話でチームが“別の方向に進む”ことを伝えられたと明かした。

「誰も何も教えてくれなかったけど、すでにいくつかのことは分かっていたし、理解していた。最終確認が来たのは昨日だ」とセルジオ・ペレスは木曜日にムジェロでコメント。

「大丈夫だ。チームと7年間を過ごしてきたけど、すべてのことには始まりと終わりがあることは分かっている。僕たちはまだお互いに誇りに思うためのレースが9戦残っている」

F1スペインGPの時点でセルジオ・ペレスは、セバスチャン・ベッテルと彼のシートを関連付ける推測が消えるのは「時間の問題」だと語っていた。実際、ペレスはチームから2021年までチームに残るとのフィードバックを受けていたという。

「それが僕が受けていたフィードバックであり、チームは僕と続けていきたいなどと伝えられていた」

「契約などについては、舞台裏で議論は行われていたけど、開示したくはない。それらのことはチームと自僕との間に留めておくべきだと思っている」

「契約上で討論したことはいくつかあった。最終的に彼らが僕と継続しないことを正式に伝えてきたのは昨日だ」

「そうなるとは予想していなかった。仕方ないことだ」

レーシング・ポイントF1からの離脱を発表した際、セルジオ・ペレスはチームを離れることになるとは思っていなかったため、プランBはないと述べていた。

セルジオ・ペレスは、レーシング・ポイントF1の決定の仕方に失望したと言いたくはないが、もっと明確にしてくれていれば、将来の契約は立てやすかったと述べた。

「理解はしているし、進行中の交渉だった。それらは僕が考えていたよりも長くかかった」とセルジオ・ペレスは語った。

「もう少し明確にしてくれていれば、僕の将来についても助けになっていただろう。そうすれば、プランBを探していただろう。何も変わらなかったかもしれないけどね」

次のステップについて質問されたセルジオ・ペレスは、競争力のあるパッケージを見つけることができる限りはF1に留めることを優先すると語った。

「今はすべてが選択肢だと思う」とセルジオ・ペレスは語る。

「僕の主な目標はF1にとどまることだ。僕はまだとても若く、ハングリーだし、F1を続けたいと思っている」

「でも、それは適切なパッケージでなければならない。すべてのラップで100%を尽くせる最大のモチベーションを本当に与えるパッケージだ」

「また、2022年をターゲットにした長期的なプロジェクトでなければならない。ルール変更は大きな効果をもたらすと思っているからね。2022年も続けたいと思うので、機会がたくさんあると感じているのが主な理由だ」

「すぐに決定を下そうとは思っていない。必要な時間をかけていくつもりだ」

「F1で魅力的なものが見つからない場合は、他のシリーズなどについて考えていくことになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レーシングポイント / アストンマーティン